更年期障害の治療にHRTと漢方薬を使い分け!HRTと漢方薬の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期の治療法として使われているHRTと漢方薬ですが、どちらがおすすめなのでしょうか?

HRTと漢方薬はどのように使い分けられているのでしょうか?

更年期の治療法のHRTと漢方薬は、どちらかの治療法かを選ばれるというよりは、どちらの治療法も用いて併用する場合が多いと言われています。

女性のつらい更年期の症状を改善、緩和させるためには、HRTと漢方薬それぞれの治療の特性を生かして活用されているのです。

スポンサーリンク

自分に合った更年期の治療法を探そう

更年期の治療法のHRTの特性とはどのようなものなのでしょうか?

HRTの治療は、明らかに女性ホルモンの減少で起こっている症状によく使われます。

症状としては、ホットフラッシュなどの症状に効果的だと言われています。

こういった症状はホルモンを補充してあげると漢方薬より即効性があると言われています。

漢方薬の特性とはどのようなものがあるのでしょうか?

漢方薬は、精神状態の改善などの情緒的な症状に効果を発揮すると言われています。

ストレスやイライラ、不安感などはホルモンバランスの調整も重要ですが、漢方薬を使った治療法が効果的です。

漢方薬は精神面を安定させる作用があるので、HRTの治療中でも取り入れられています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい