20代~更年期女性の不正出血の原因は?生理後と生理前でどう違う?

             
<目次>
・不正出血の原因と相談
・不正出血の原因-生理後の場合
・不正出血の原因-生理前の場合
・女性の不正出血の原因と体の異変
・不正出血の原因に更年期は関係する?
・不正出血の原因 20代
・不正出血の原因を突き止める
※目次にリンク(スライド)はあえて設置しておりません→最初から最後まで読んでいただいて、はじめて完結するため(部分的閲覧による誤解釈防止の意味も含む)

 

女性特有の悩みとして、よく話題に上るのが生理前生理後の「不正出血」の悩みです。

不正出血というのは、その言葉の通り「不正な出血」で、生理の時以外の出血を表す言葉です。

半数以上の女性が経験しているものであり、不正出血の原因としても、それほど心配する必要のない原因によって引き起こされている場合が多いので、必要以上に怖がる心配はありません。

ただ、不正出血があるということは、大なり小なり身体の中で問題が発生している証拠であることは事実なので、原因を突き止めた上で、適切な対応をする必要があります。

また、20代や30代、更年期(40代~50代)など、年齢によって原因もさまざまです。

不正出血の原因と相談

不正出血,原因

不正出血はどのような原因で起こるのですか?
卵出血や着床出血といった、正常な原因があっての不正出血もありますが、ホルモンバランスの乱れや体の異変など、多岐に渡る様々な原因によって起こります。

 

不正出血で医療機関を受診したいのですが、持って行ったほうが良いものはありますか?
不正出血に限らず言えることですが、生理のことで医療機関を受診する時は、「基礎体温表」を持っていくと、診察する時の助けになります。不正出血や生理で悩みが生じた場合、基礎体温は大きなチェックポイントにもなってくるため、普段から測っておくことも大切です。

 

不正出血の原因-生理後の場合

不正出血,原因,生理後

生理後の不正出血といっても、排卵出血や着床出血のような、特に問題のない出血である可能性もありますし、ホルモンバランスの乱れや婦人科系の体の異変が原因である可能性もあり、一概には言えません。

出血量が少なく、一時的なものであれば様子を見ても大丈夫だと思いますが、不安であれば医療機関を受診したほうが良いでしょう。

不正出血の原因-生理前の場合

不正出血,原因,生理前

理前の不正出血ということは、排卵出血が原因ではないと判断できます。

他の原因として考えられるのは、疲労・ストレス・年齢などによってホルモンバランスが乱れた場合に、生理の1週間前くらいに出血することがあります。

少量且つ短期間であれば、それほど問題はないと思います。

       
更年期,不正出血,生理
最新情報をチェックしよう!