妊娠・妊婦の生理痛のような痛み、臨月・産後の痛みの原因は?陣痛との違いは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、生理中だけではなく生理前から生理痛が始まる人は多くいます。さらに妊娠して妊婦さんになると、生理痛のような痛みが起こることもあります。

体調や体質などの変化も増えてくるので、臨月に入ると“陣痛が起こったことに気がつくだろうか…”と不安に思う女性も多いようです。臨月や産後に生理痛のような痛みが起こることも多いですが、それらの痛みの原因は一体何でしょうか?

スポンサーリンク

生理前に生理痛のような痛みがある場合

生理前,生理痛のような痛み

生理痛は、生理中だけではなく生理前から起こることがよくあります。10代、20代の頃は生理痛のような痛み(腹痛、腰痛)ではなく、胸が張るということが多かったという人が多いようです。

しかし、20代後半から更年期の間では生理前から生理痛が酷くなる人も増えてきており、月経前症候群と診断されることも少なくありません。

生理前の生理痛のような痛みはどうすればいい?

生理前だけ痛むのであれば、その時期を乗り越えればなんとかなりますが実際は、生理前から生理中にかけて約2週間程度痛みが持続するということも少なくありません。約半月もこのような痛みがあるのでは、なんとかしたいですよね。そこで、生理前の下腹部痛や腰痛の対処法について紹介します。

不規則な生活を送っていませんか?

生理痛を引き起こす原因として「月経前症候群(PMS)」があります。近年、よく耳にするようになったPMSですが、実際のところはっきりとした原因はまだ解明されていません。しかし、不規則な生活や偏った食事が、症状を引き起こすと考えられています。

  • 夜寝るのが遅い(夜型人間)
  • 野菜をあまり摂らない
  • コンビニや外食が多い
  • なかなか寝付けない
  • 仕事やプライベートでストレスを抱えている

複数の項目に当てはまる人は、それを改善することから始めてみましょう。それが生理前の生理痛を改善することにも繋がっていきます。

妊娠・妊婦さんで生理痛のような痛みがある時

妊娠,妊婦,生理痛のような痛み

妊娠して妊婦になると、少しのお腹の痛みを感じるだけで不安になってしまう人も多くいます。ただ、妊娠初期には生理痛のような痛みがあるということを覚えておくと少しは不安も少なくなるはずです。

妊娠の兆候による腹痛

妊娠の兆候として最も知られているのが「つわり」です。しかし、つわりが始まる時期はすでに妊娠2~3カ月ということもあります。

生理痛のような痛みは「超妊娠初期」でも起こりやすく、妊娠しているという目安にもなっています。その原因は、子宮がこれから大きくなっていくための準備を始めているためです。

便秘による腹痛

妊娠をすると、体質も変わりやすく便秘になってしまう女性もいます。妊娠・妊婦さんの生理痛のような痛みの原因として便秘でお腹が張ることで下腹部痛を引き起こしているとも考えられます。しばらく、排便がないようであれば病院で相談するようにしましょう。

陣痛って生理痛のような痛みなの?

陣痛,生理痛のような痛み

初めての妊娠だと「陣痛に気がつくかな?」とい不安に思っている女性がたくさんいます。妊娠してお腹が大きくなってくるにつれて、腰痛や頭痛が酷くなることも多く、そのため陣痛が起こっても生理痛のような痛みで気がつかないのでは?と思ってしまうようです。

陣痛に気がつかない人はほとんどいない

ただ、安心して下さい。陣痛に気がつかない女性はまずいないでしょう。陣痛はその人のタイプや赤ちゃんのいる場所によって「お腹の痛みが強くなる人」「腰の痛みが強くなる人」の2つのパターンがあります。

もちろん、どちらも痛くなるという人もいるでしょうが、ほとんどの場合は生理痛とは違う痛みです。

ジンジンするような痛みが、定期的に起こるようになってきたらそれが「陣痛」です。陣痛が弱い「微弱陣痛」の場合は、想像しているよりも痛みが弱い時もありますが、定期的に痛みが訪れるというは変わりません。

痛みの間隔を測ってみよう!

これが陣痛かも!?という痛みが始まったら、まず時間を測ってみましょう。陣痛は決まった間隔で定期的に痛みが起こります。痛みが始まった時間とおさまった時間を記録しておき、次に始まった痛みの時間も記録しておきます。

間隔の差はありますが、定期的にきているようであれば陣痛だと言えるでしょう。

初産と2人目以降の妊娠では、病院に行く陣痛の間隔も変わってくるので分からない時は、病院に問い合わせていつ頃病院に行った方がいいのか聞いておくのが安心です。

臨月に生理痛のような痛みを感じたら?

臨月,生理痛のような痛み

臨月というのは、いつ産まれもいいという状態です。そんな時に生理痛のような痛みを感じたら「もう産まれるのでは?」と思ってしまいますよね。

ただ、本格的な陣痛が始まる前に「前駆陣痛」と呼ばれる生理痛のような痛みが起こることが多いようです。間隔的には1時間に1回程度、生理痛に似た痛みが起こります。動けなくなるほどの痛みではなく、そのまま眠りにつくこともできるはずです。

前駆陣痛があっても、痛みの間隔がない場合はしっかりと寝て出産に備えておきましょう。出産時期が近いというのは間違いありません。

産後に生理痛のような痛みが起こったら?

産後,生理痛のような痛み

つらい陣痛を乗り越えて、やっと出産したと思ったら今度は産後にも生理痛のような痛みが始まった!ということもよくあります。

この時の痛みは、子宮が元の大きさに戻ろうと収縮していることが原因です。出産してから、すぐに子宮が元の大きさに戻るわけではなく、約1カ月~2カ月かけて小さくなっていきます。この期間に生理痛に似た痛みを感じる人が多いようです。

生理痛のような痛みはさまさま

このように、生理痛のような痛みといっても「生理前」「妊娠・妊婦」「臨月」「陣痛」「産後」では、それぞれの痛みの原因や特徴は様々です。

妊娠中の女性は、陣痛に気がつかないということはありませんので、安心しておきましょう。流産や胎盤剥離などが原因で痛みが起こることもありますので、妊娠中は普段よりも特に下腹部痛には注意して、不安を感じたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい