20代や30代女性に起こる若年性の更年期症状!若年性更年期障害とは?

             

更年期は閉経前後の5年程の時期を指すので、平均閉経年齢が50歳といわれる現代では45~55歳くらいのことです。

この時期には、次に続く老年期を過ごすための身体に変化するために心身ともにさまざまな症状が表れます。

しかし、近年では20代30代といった若い世代の女性でも更年期と同じような症状である若年性更年期障害の症状に悩む女性が増えているのです。

若い女性におこる若年性更年期障害とは

更年期,若年性

✔ 20代や30代で、まだ若いのに更年期と同じような症状がでることってあるの?

⇒ 20代や30代の若年層で更年期障害の症状が起こることを若年性更年期障害といいます。

若年性更年期障害は若いうちにホルモンバランスが乱れてしまうことで起こります。

 

✔ 若年性更年期障害は自然に治りますか?

⇒ 若年性更年期障害は、発症の原因を解消することが大切ですが、気付いたら早めに婦人科を受診して治療を行いましょう。

若年性更年期障害の症状

若年性更年期障害,症状

若年性更年期障害の症状のほとんどは更年期障害と同じなので、症状があれば婦人科を受診することがすすめられています。

チェック項目は以下のとおりで、1つでも当てはまれば注意が必要です。

  • 月経不順がある
  • ほてりやのぼせがある
  • 眠れない
  • 手先や足先が冷える
  • 疲れやすい
  • イライラする
  • 発汗が多い
  • 動悸や息切れがある
  • 無気力
  • 頭痛やめまい
  • からだのこりや腰痛
       
若年性更年期障害
最新情報をチェックしよう!