• 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
女性ホルモンの増やし方【女性編】女性ホルモンを増やす食べ物・ツボ・サプリ

更年期、プレ更年期で悩む女性にとって、女性ホルモンを増やすことは症状の軽減にも繋がります。とはいっても女性ホルモンの増やし方が分からない人も多くいますよね。女性ホルモンの増やし方としては、治療薬を使う以外の方法もたくさんあります。

ここでは、女性ホルモンを増やす「食べ物」、「ツボ」、「サプリ」などをご紹介します。

さらに、女性ホルモンの増やし方として女性は恋をするといいと言われていますが、それは本当なのか?ということについても解説していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンを増やすには?【女性編】

女性ホルモンを増やすには

女性にとって「女性ホルモン」は美容に良いだけではなく、健康にも必要なホルモンです。思春期を迎えた頃から徐々に女性ホルモンは増えていき、妊娠・出産の準備として月経が始まります。これは女性ホルモンが増えた影響によるものです。月経が不順・無月経という女性は女性ホルモンが不足している可能性もあります。

女性ホルモンを増やすには?」「一体何が必要?」と考える必要はありません。規則正しい生活を心がけ、バランスのいい食事をすることが基本です。さらには、しっかりと睡眠をとり1日の疲れをしっかりととることが大切なのです。

女性ホルモンを増やす食べ物・食品を摂取する

女性ホルモンの増やし方,食べ物,食品

女性ホルモンの増やし方として女性ホルモンを増やす食べ物・食品を摂取するという方法も効果的です。よく知られているのは大豆イソフラボンです。女性ホルモンに似た作用をすることから化粧成分やサプリメントにもよく使われています。

大豆イソフラボンが含まれている食べ物は豆腐・納豆・豆類、味噌汁などがあります。これらの食品を1日の食事の中にバランスよく取り入れていくといいでしょう。

他にも、肉やタンパク質も女性ホルモンを増やす位には必要です。実は、女性ホルモンの元となっている成分はタンパク質と脂質なのです。

ですから、無理なダイエットなどで肉やタンパク質制限ということをすると女性ホルモンが減って月経不順になったり、髪の毛が抜けてしまう…ということが起こってくるのです。偏食を避け、3食バランスの良い食事をするように心がけましょう。

女性ホルモンを増やすツボは?

  女性ホルモン,増やす,ツボ

人間の体には無数のツボがあると言われています。このツボにも女性ホルモンを増やすツボがいくつかあり、意識してツボ押しをすることで女性ホルモンを増やすことも期待できます。更年期やプレ更年期で悩んでいる人の多くは、冷え性で悩んでいる人が多いはずです。

そんな方におススメなのは「血海(けっかい)」というツボになります。場所は、膝の内側から指3本分上の位置です。このツボは冷え性や生理痛・生理不順を改善してくれるとともに、女性ホルモンを増やすツボとして知られています。むくみやすい人にもおススメのツボです。

さらに、三陰交(さんいんこう)というツボも女性ホルモンを増やすツボとしてよく知られています。妊婦さんなどにもよく使われているツボで、刺激することによって、むくみ改善、冷え性改善効果が期待できるようです。

場所は内側のくるぶしを基準として、指4本分上になります。女性ホルモンを増やす方法として、ツボを押すということも試してみるといいでしょう。

女性ホルモンを増やすサプリは?

女性ホルモンを増やす,サプリ

女性ホルモンの増やし方として、手軽に取り入れることができるのが「女性ホルモンを増やすサプリ」を取り入れることです

。更年期やプレ更年期を迎えた方はこのような女性ホルモンを増やすサプリを日常的に使うことで急激な女性ホルモンの減少を防ぎ、症状を軽減させることにも繋がります。

女性ホルモンを増やすサプリは様々なものが販売されていますが、注目すべきは含まれている成分です。女性ホルモンを増やす目的でサプリを使うのであれば、次のような成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

プラセンタ

女性ホルモンを増やす成分として有名で、化粧品などにも使われています。美容効果もありますが女性ホルモンを多く含んでいるため、疲労などにも効果があると言われています。

大豆イソフラボン

女性ホルモンのうち、エストロゲンに似た作用を持っている成分です。エストロゲンが減少するとイライラやうつ症状が出やすくなります。これらの症状改善のために取り入れるにはいい成分です。また、更年期障害の症状の一つでもある骨粗鬆症の予防にも効果的です。

マカ

滋養強壮として知られているマカですが、実は更年期障害の症状を改善するのにも効果があると言われています。

レッドクローバー

ハーブの一種であり、レッドクローバーも女性ホルモンに似た作用を持っています。成分の中にイソフラボンが入っていることが理由です。そのため、摂取することで更年期障害の改善・予防の効果が期待できます。

ブラックコホシュ

ブラックコホシュもハーブの一種です。ブラックホッシュもエストロゲンと似たような作用を持っており、女性ホルモンを増やすサプリとして効果的です。

恋して女性ホルモンを増やす!?

女性ホルモンの増やし方,恋

昔から、恋をすると女性は綺麗になると言われていますが、それは恋をすることで女性ホルモンが増えることに由来しています。特に、恋をすると女性ホルモンのうちエストロゲンが増えるようです。

その他にも、幸せホルモンと呼ばれているオキシトシンやドーパミンなどのホルモン分泌も活性化されます。女性ホルモンを増やす方法として恋をすることもおススメです。

とはいっても、なかなか恋ができない人もいるはずです。そんな人は恋愛小説やラブストーリーの映画・ドラマなどを見てドキドキすることで恋をしている状態と同じ状況を作り出すことも可能です。

現実的な恋ではなくても、トキメク環境を作ることで同じように女性ホルモンを活性化させることも可能です。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
美容の関連記事
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事