女性の身体を管理する女性ホルモン!更年期と女性ホルモンの関係とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンをご存じでしょうか?

女性ホルモンは女性のからだにとって重要な役割を担い、女性のからだに大きな変化をもたらすホルモンです。

生涯、女性の身体は女性ホルモンによってコントロールされています。

40代~50代の更年期もそのひとつで、妊娠や出産という大きな身体の負担を取り除いて、あとの老年期を過ごすために身体が変化していきます。

では、更年期と女性ホルモンにはどのような関係があるのでしょうか。

スポンサーリンク

更年期と女性ホルモン

shutterstock_299945738

✔ 更年期は女性ホルモンにどんな変化が起きますか?

⇒ 更年期になると閉経に近づいていくために、女性ホルモンが急激に減少していきます。

✔ 更年期障害の症状を起こすのも女性ホルモンですか?

⇒ 更年期の症状は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少して自律神経が不安定になるために心身にさまざまな症状が起こります。

更年期と女性ホルモンの関係

女性ホルモンには、代表的なものにエストロゲンとプロゲステロンがあります。

エストロゲンは女性らしい身体を形成するだけでなく、骨や血管、コレステロールの抑制など体中のいたるところで作用しています。

プロゲステロンは、妊娠を維持するための女性ホルモンです。更年期には両方の女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなってホルモンバランスが乱れて自律神経を不安定にして起こる不調と、体中で作用しているエストロゲンの働きが十分に行われなくなってしまうことで起こる不調があります。