更年期障害に漢方効果!ほてり、のぼせ、めまい、頭痛、関節痛に漢方の効き目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の症状を緩和させる方法として、女性ホルモンを補充する方法の他にも「漢方漢方薬」を使う方法もあります。漢方・漢方薬は古くからの医療法としても用いられており更年期障害のほてり・ホットフラッシュ・のぼせといった症状にも効果・効き目があります。さらに頭痛や関節痛などの酷い痛みにも適切な漢方・漢方薬を使うことで症状を緩和することも可能です。

スポンサーリンク

更年期障害の症状に漢方・漢方薬の効果・効き目は?

更年期障害,漢方,漢方薬,効果,効き目

漢方・漢方薬は非常に種類が多く、症状によって使い分ける必要があります。さらには個人の体質によっても使い分けることでより漢方・漢方薬の効果・効き目を発揮することが分かっているので、自分で選ぶよりも漢方の専門店で相談して処方してもらうのが一番です。病院によっては漢方・漢方薬を治療に取り入れているところもあるので、ホルモン補充療法に抵抗のある方は漢方を処方してもらえないかどうか相談してみましょう。漢方・漢方薬による治療は、ホルモン補充療法では症状が緩和されなかった人に対して効果・効き目をもたらすことから最近では積極的に漢方を取り入れている病院も多くあります。

更年期障害 ほてり・ホットフラッシュ・のぼせに漢方

更年期障害,漢方,ほてり,ホットフラッシュ,のぼせ

更年期障害の症状で表れやすいのが、「ほてり・ホットフラッシュ・のぼせ」の症状です。ホットフラッシュとは、周囲の温度に関係なく、突如顔や上半身がカッカと熱くなってしまう状態です。その結果、顔が真っ赤にほてってしまったり、のぼせてしまうということを引き起こしてしまいます。これらの症状にも、漢方・漢方薬で効果があるものがあります。漢方・漢方薬は東洋医学で用いられるものですが、「ほてり・ホットフラッシュ・のぼせ」の症状は、「骨蒸潮熱」と言われており、潤い不足が原因とされています。

ほてり、ホットフラッシュ、のぼせ症状に効果のある漢方薬は?

更年期障害からくる「ほてりホットフラッシュのぼせ」に効果のある漢方・漢方薬は以下のものです。

・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・女神散(にょしんさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・温清飲(うんせいいん)
・温経湯(うんけいとう)

ほてり・ホットフラッシュ・のぼせの症状で漢方・漢方薬を使う場合は、漢方の専門薬局や専門医に相談するのがいいでしょう。

更年期障害 めまい症状に漢方

更年期障害,漢方,めまい

更年期障害の症状として「めまい」を起こす方も多くいます。目が回るというものの他、イスから立ち上がった時にクラッとする、歩いていても地に足がついておらずフワフワしている感じがする、といった症状が出るのが特徴です。

月経時のように、一時的な貧血によって引き起こされるものと違い、更年期障害でめまいがある場合は、長時間めまいが続くことで、日常生活に影響を及ぼす、時には倒れた拍子に頭をぶつけるなど危険なことも予測されるので早めに対処することが必要です。

めまい症状が強い方に効果のある漢方薬は?

更年期障害で引き起こされる「めまい」に効果のある漢方・漢方薬は以下のようなものです。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

更年期障害によって起こるめまいに使われる漢方・漢方薬とそれ以外のめまい(メニエール病など)で使われるものとでは使用される漢方・漢方薬は異なってきますので、専門医に相談してから使うようにしましょう。

更年期障害 頭痛の症状に漢方

更年期障害,漢方,漢方薬,頭痛

頭痛も更年期障害が引き起こしやすい症状の一つです。頭痛の出方によって、片頭痛と緊張性頭痛の2つに分類されますが、長く続く頭痛はツライものです。鎮痛剤などで一時的に痛みを抑える方法もありますが、漢方・漢方薬でも更年期障害からくる頭痛に効果のあるものがあるので、覚えておくといいでしょう。

頭痛の症状に効果のある漢方薬は?

更年期障害で引き起こされる「頭痛」に効果のある漢方・漢方薬は以下のようなものです。

・呉茱萸湯・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
・桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
・五苓散(ごれいさん)
・半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
・葛根湯(かっこうとう)

自分の体質や、症状の出方によってどの漢方・漢方薬が効果・効き目が出やすいかも個人差があるので、専門医に相談しながら使っていくのがおススメです。

更年期障害 関節痛の症状に漢方

更年期障害,漢方,漢方薬,関節痛

年齢が上がるにつれて、膝の痛みなど「関節痛」を訴える人も多くなってきます。しかし、関節痛も更年期障害が引き起こす症状の一つであるということを知らない人もまだ多くいます。東洋医学から診た更年期障害では「水毒」と言われて血流の流れが悪くなっていることが原因と考えられています。更年期障害では、女性ホルモンのバランスの崩れで肌が乾燥、カサカサすることがありますが、これも、水分が不足していることから来るものです。

関節痛の症状に効果のある漢方薬は?

更年期障害で引き起こされる「関節痛」に効果のある漢方・漢方薬は以下のようなものがあります。

・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
・越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
・ヨク苡仁湯(よくいにんとう)
・麻杏ヨク甘湯(まきょうよくかんとう)
・桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)
・大防風湯(だいぼうふうとう)
・真武湯(しんぶとう)
・五積散(ごしゃくさん)
・八味地黄丸(はちみじおうがん)
・疎経活血湯(そけいかっけつとう)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

このようにみてみると、関節痛に効果・効き目のある漢方・漢方薬はたくさんあるように見えますが、漢方を使う場合は症状とともに、自分の体質に合ったものを使うことが大切です。
そのためにも、漢方・漢方薬を使う場合は専門の漢方薬局や漢方医に一度相談することをおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい