更年期障害で使う漢方・漢方薬の種類・口コミ・副作用と市販の漢方薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害には漢方・漢方薬も効果的なことが分かっています。市販で購入できる漢方・漢方薬も多く出ています。通常の薬と違い、漢方薬は副作用がないというのが特徴ですが、自分で市販のものを購入する場合は、更年期障害の症状にあったものを選ぶ必要があるので、専門の漢方医に相談してから購入するのがおススメです。ここでは、更年期障害に効果があるとして口コミの高い漢方・漢方薬を紹介します。

スポンサーリンク

更年期障害の漢方・漢方薬の種類は?

漢方,漢方薬,種類

更年期障害は、男性でも起こり得るものですが、特に40代後半~50代の女性で顕著に現れる症状として知られています。一般的には、内科や婦人科で検査をして診断を受けることになります。更年期障害と診断を受けた場合、基本的には女性ホルモン補充療法が行われます。それは、更年期障害が女性ホルモンの急激な減少によって引き起こされる症状であるからです。しかし、中にはそういった薬を使っての治療に抵抗があるという方もいます。そういう方におススメなのが漢方・漢方薬を使った治療です。

漢方薬は東洋医学でよく用いられるものですが、症状のほとんどは「血(けつ)」の不調が元だと考えられています。「血(けつ)」は、血の巡りが滞ることで起こるもの、逆に血が不足することなどというような血(けつ)の異常が原因と捉えられています。

更年期障害でよく処方されている漢方・漢方薬の種類には以下のようなものがあります。

・加味逍遙散(かみしょうようさん)
更年期障害の症状でよく起こりやすい、「のぼせ・ホットフラッシュ」「頭痛」「関節痛(肩こり)」といった幅広い症状に有効だと言われており、最もよく使われている種類です。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
こちらも更年期障害の漢方薬としてよく使われている種類のものです。「めまい」「倦怠感」などの症状によく使われており、冷え性を改善する漢方薬として、通常の女性や不妊症改善の漢方薬としても使われている種類になります。

・抑肝散半夏陳皮(よくかんさんはんげちんぴ)
更年期障害では、女性ホルモンの急激な減少によってイライラが起こりやすく、ストレスが溜まるということもよくあります。その時によく処方されている種類の漢方薬です。

更年期障害に市販の漢方薬でも効果がある?

漢方薬,市販

更年期障害で漢方・漢方薬を使う場合は、病院や専門医に処方してもらう方法と、市販のものを自分で購入する方法の2つがあります。最近ではドラックストアなど市販でも販売されている漢方・漢方薬は多くあります。市販のものでも効果はありますが、大切なのは「自分の症状や体質に合っているものを使う」ということです。漢方・漢方薬は基本的には自分の体質に合ったものを調合してもらうというのが一番効果のある方法です。

しかし、市販の漢方・漢方薬は大勢の人に向けられて作られているものです。ですから、より効果を早く感じたいという人は、市販品を使うよりも病院や専門の漢方薬局で自分の症状や体質に合ったものを調合してもらうのがいいでしょう。

更年期障害に効果があると口コミの高い漢方薬は?

漢方,漢方薬,口コミ

更年期障害で使う漢方・漢方薬はできれば病院や専門漢方薬局で購入するのが一番です。しかし、担当の医師が漢方を使うことに消極的な場合や、近くに専門漢方薬局がない場合は市販の漢方を使うというのも一つの手です。

更年期障害でよく使われており、口コミの高い漢方・漢方薬もあるので紹介しましょう。
・命の母A錠(小林製薬)
・ルビーナ(武田商品工業株式会社)
更年期を迎えてイライラやめまいが起こりやすい人に効果があると口コミ評価の高いものです。それぞれ、更年期障害に効果が高い漢方・漢方薬が配合されています。

他にも、以下のものは市販でも販売されているので個人的に購入して使うことも可能です。
その場合は、自分の更年期障害の症状と照らし合わせて悩みを解決できる漢方・漢方薬を選ぶようにして下さい。
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶりょくがん)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)

更年期障害に漢方薬を使った時の副作用は?

更年期障害,漢方薬,副作用

漢方薬は、医療薬品と違い、様々な生薬を配合して作られているので、副作用がほとんどないというのが特徴です。さらに、更年期障害の治療を改善するとともに、冷え性や不眠といったその他の症状にも効果を発揮することがあるので、病院で受ける「女性ホルモン療法」と併用して使うことも可能です。一般的な医薬品と違い、副作用も少ないので長期間に渡って服用することも可能です。

漢方・漢方薬自体に副作用はほとんどありませんが、更年期障害の症状にあったものを使わないと効果がない場合もあります。更年期障害の症状の代表として、「ほてり・のぼせ」「めまい」「関節痛」「イライラ」「不安・うつ」「倦怠感」「疲れやすい」というものがありますが、それぞれ使った方がいい漢方・漢方薬は異なります。

漢方薬は多くの生薬を配合して作られています。そのため、症状がたくさんあるからといって多くの漢方・漢方薬を使いすぎると、配合されている生薬の閾値を超えてしまうことがあります。それによって、何らかの副作用がでてしまうという可能性もありますので、自分で市販のものを購入する場合は、専門医や薬剤師に相談してから使うようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい