• 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
冬は乾燥が気になる季節!乾燥からお肌のうるおいを守るお手入れ方法

気温が下がり、空気が乾燥する冬は、お肌にとっても厳しい季節。特に30歳を過ぎると水分をつかまえておく力が弱まるので、余計に乾燥しやすくなります。

この状態を放置すると、シミやシワの原因になるので要注意! どのようにお手入れすれば、ぷるぷるの素肌を保てるのでしょうか?

スポンサーリンク

正しい方法で洗顔をする

shutterstock_134342879

肌を清潔に保つために欠かせない洗顔ですが、きちんと正しい方法で行わないと乾燥を悪化させる原因になります。次のポイントに注意して、優しく丁寧に洗うようにしましょう。

熱すぎるお湯はNG

洗顔をするのにちょうど良いお湯の温度は28~32度です。これ以上熱くなると、皮膚のバリア機能が奪われて乾燥しやすくなるので気をつけましょう。また、冷たすぎる水も毛穴を引き締めて汚れを落ちにくくするので避けてください。

肌はなでるように洗う

顔を洗う時、手でゴシゴシ力まかせにこすっていませんか? 濡れた肌は非常にデリケートな状態なので、あまり力を入れすぎると摩擦で表面が傷つき、乾燥が進んでしまいます。洗顔料はモコモコになるまでよく泡立て、手で泡を転がすようにして優しく洗いましょう。汚れが落ちているか不安になるかもしれませんが、洗浄成分がしっかり働いてくれるので大丈夫です。

洗顔後は1分以内に化粧水をつける

洗顔後の肌からは、どんどん水分が蒸発しています。時間がたてばたつほど乾燥が進むので、洗顔後はすぐに化粧水をつけるようにしましょう。遅くとも5分以内にはお手入れできるようにしてくださいね。
また、化粧水をつけただけでは水分の蒸発を防げないので、上から乳液でふたをしてあげることが大切です。最後にハンドプレスでしっかりとなじませましょう。

食事の内容に気を配る

shutterstock_133806461

皮膚の主成分はたんぱく質。肉・魚・卵・大豆製品などをバランスよく取り、丈夫な肌を作りましょう。また、肌の保湿力を高めてくれる緑黄色野菜も欠かせません。ねばねばの食感が特徴のオクラや山芋などの野菜もおすすめですよ。

そして、ぜひ摂ってほしいのがフルーツに含まれるビタミンC。コラーゲンを生成する材料となるものなので、しっかり摂っていると肌の内側から潤ってきます。ただし、そのままでは肌の奥まで届きにくい栄養素なので、フルーツも取りながら、浸透力をアップさせる働きを持つ「ビタミンC誘導体」を配合した化粧品も組み合わせることをおすすめします。

寝室の環境に配慮する

健康な肌なら多少は空気の乾燥に耐えられますが、乾燥しがちな肌は途端にダメージを受けてしまいます。寝室のサイズに合った加湿器を使い、空気の乾燥を防ぎましょう。体の内部からの乾きを防ぐには、電気毛布などの暖房器具を使わないことも大切です。どうしても寒くて眠れない場合は、昔ながらの湯たんぽを足元に入れてみてくださいね。

また、枕カバーはできるだけソフトな手触りのものにしてください。布が固いとどうしても摩擦が大きくなり、それが肌の乾燥につながります。コットンでできたタオルを枕に巻けば、いちいちファスナーを開け閉めしなくて良いので洗濯も楽ですよ。

適度に水分を取る

shutterstock_295089308

冬はあまりのどが乾かないので、夏に比べて水分の摂取量が減りがちです。しかし、自覚がないだけで体は意外と乾いているもの。常温のミネラルウォーターならむくむ心配もないので、コップに半分ぐらいの量を2~3時間おきに飲むようにしましょう。冷たい水は血行を妨げ、ターンオーバーのサイクルを狂わせるので避けてくださいね。

冬の乾燥肌は工夫しだいでちゃんと防げる!

今まで、高い化粧品を使っても乾燥肌が改善せず、悩んでいたあなた。もしかしたら、スキンケアの仕方や生活習慣になんらかの問題があるのかもしれません。今回ご紹介したポイントに照らし合わせ、改善すべき点があればさっそく今日から実行に移しましょう。毎日コツコツ努力すれば、冬もぷるぷるの素肌を保つことができますよ。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
美容の関連記事
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事