顔の小ジワは消すことができる?30代から始める保湿・小ジワ対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の小ジワ等の小さいシワは、ちりめんジワと呼んで、メイクや鏡を見る度に気にしてしまう人が多いでしょう。

30代になると余計に意識してしまいますし、朝方は大丈夫でも夕方になるとハッキリと目立っている事が多いです。

30代だとまだまだ改善の余地はありますので、しっかりとしたケアを毎日行なえば良いでしょう。

スポンサーリンク

30代から紫外線によるダメージは大きくなる

女性全員の悩みである肌の劣化は紫外線によるダメージによって起こります。

もちろん顔の小ジワも紫外線によって起こるものであり、弾力のある肌を支えているコラーゲンやエラスチンは、ちょっと外で太陽を浴びただけでも破壊されていくのです。

それでも若い時は肌のターンオーバーにより、すぐに回復しますが、30代頃になると回復する力が失い始め、ダメージが形として出てきます。

弾力性のなくなった肌は癖がつきやすくシワが生まれやすい環境になったのです。

乾燥は肌の大敵

紫外線以上に気を付けたいのは、肌の乾燥です。

肌の表面が乾燥すると硬くなってしまい、柔軟性や弾力性が失ってしまい、顔の小ジワが出来やすい環境がさらに出来てしまいます。

また、それだけではなく硬いという事はひび割れも起きやすく、割れた部分から水分が逃げてしまい、大きな影響が出てしまうので、徹底した保湿が大事になってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい