女性の加齢臭の原因は何?どんな臭い?40代以降の加齢臭・臭い対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代以降になりますと、女性のお肌も身体も老化して、老廃物が増加するために嫌な臭いである加齢臭が発生します。

男性の方が汗をかきますから、女性の臭いはまだマシだと言われていますが、それでも嫌なものは嫌でしょう。

どんな臭いかというと『イヤな臭い』というのがストレートですが、生活スタイルもひとそれぞれで、加齢臭もひとそれぞれでしょう。

では、なぜ、どのような原因でこのような嫌な加齢臭が起こるのか、どうやって加齢臭対策をすれば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

加齢臭が発生する原因は活性酸素と老化物質

そもそも加齢臭と呼ばれる物質はノネナールというもので、これが発生する事がいけないのです。

ノネナールは、老化物質であるパルミトオレイン酸と活性酸素が発生すると増える過酸化脂質と結びついて、発生するのです。

年齢から来る老化物質のパルミトオレイン酸は皮膚表面の皮脂腺の中にあり、これが臭いの元となるので、強い体臭が感じられるのです。

男性だけではない!女性も加齢臭はでてくる

加齢臭は男性のイメージが強いですけど、当然女性でも発生します。

皮脂腺の中にある物質が原因なので、汗が少ないから、そこまで気にしている人は少ないですけど、更年期が始まる40代から活性酸素が増えますので、性別は関係なく気を付けなければならないのです。

活性酸素を減らす事が加齢臭対策に

体臭が気になる方は、そもそもの原因を断ち切ってしまえば大丈夫です。

老化物質と活性酸素が結びついて臭いが増加する訳ですので、それを減らしてあげれば良いのです。

どのようにしたら良いかと言いますと、適度な運動、ストレスがない生活、規則正しい生活、タバコを吸わない生活をするだけで活性酸素は減らせます。

また、タバコは口臭や独特のヤニ臭があるので特に控えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい