女性なのに加齢臭?気になる臭いの正体と加齢臭の防止・改善の仕方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢臭」といえば、中高年の男性のイメージですが、実は女性でも悩んでいる人はたくさんいるってご存知でしたか? 女性同士は特にこうしたことに敏感なので、友人との集まりさえ億劫になってしまう人も少なくありません。デリケートな問題だけに、誰にも相談できなくて辛いですよね。

ただ、稀に本当は臭くないのにそう思い込んでしまう「自臭症」の人もいるので、家族に聞いても臭わないと言われるのであれば、あまり気にする必要はありません。どうしても気になる場合は、一度カウンセリングを受けてみると良いですね。

スポンサーリンク

女性の加齢臭を作り出す原因

加齢臭,原因

加齢臭の原因は「ノネナール」と呼ばれる物質。男性の加齢臭も、やはりこのノネナールから起きていますね。

ノネナールの正体は、皮脂が酸化してできる「過酸化脂質」と、中年になると分泌され始める「パルミトオレイン酸」の合体による反応です。

女性はホルモンの働きによって皮脂の過剰分泌が抑えられるので若いころは無臭なのですが、年齢とともに女性ホルモンの分泌量が減少すると抑えが利かなくなり、こうした皮脂による臭いが出やすくなるのです。

加齢臭の出やすい場所

女性,加齢臭,場所

女性の加齢臭が出やすいのは、頭皮、耳の後ろ、胸元、背中、Tゾーンの5つ。他にも臭いが出る場所はありますが、特に他人に気づかれやすいのはこれらの場所です。鼻から近い、上半身に集中しているのが分かりますね。

体調が悪くてお風呂に入れない時は仕方ありませんが、できるだけ毎日入浴して全身をくまなくキレイにしましょう。それでも臭ってしまう時もありますが、全く洗っていないよりはずっと臭いにくくなるはずです。

寝ている間にも汗や皮脂は出ているので、できれば夜の入浴だけでなく、朝のシャワーも組み合わせると効果的。入浴後はデオドラント剤を塗り、消臭機能のある下着を身につけましょう。

女性ホルモンを活性化させる方法

女性ホルモン,分泌

男性の場合は「男性ホルモン」の分泌量が減る60歳頃になると臭わなくなる人も多いのですが、女性は「女性ホルモン」の減少に伴ってノネナールの量が増え、ますます臭いやすくなってしまいます。ただでさえ更年期などで体調が悪くなりがちなのに、その上臭いの問題で悩まなくてはいけないなんて辛いですよね。

少しでもノネナールの発生を抑えるには、女性ホルモンの分泌量を増やすことが必要となってきます。一生を通じてティースプーン1杯分しか分泌されないといわれる希少なホルモンですが、努力次第で活性化させることは十分に可能。次のような方法を試してみてください。

「かわいい」と感じる気持ちを大切にする

子供の頃はぬいぐるみやフリルの洋服に夢中だった人も、成長して勉強や仕事、人間関係に揉まれているうちにそうした気持ちを忘れてしまいます。

これは単に趣味が変わったというだけでなく、毎日を必死に生きているうちにそうしたものを愛でる余裕を無くしてしまうのですね。

そのため、男性と肩を並べて仕事をしている女性は、男性ホルモンの分泌量が増えてヒゲが生えてくると言われています。

女性ホルモンは、かわいいものを目にした時や、心からの幸福感に包まれると活性化する特徴を持っています。部屋のカーテンやシーツなどをピンク色にするだけでも効果があるので、幼い頃のときめきを思い出して模様替えをしてみてください。

雑貨屋さんに行ってかわいいと感じる小物を買ってみたり、スカートを履いてみたりするのも良いですね。

健康的な生活を送る

規則正しい生活を送って体調を整え、ストレスをこまめに発散することも、女性ホルモンの活性化につながります。夜更かしやレトルトの食事、運動不足が続いている人は、一度生活習慣を見直してみましょう。

朝は早起きして全身に朝日を浴び、栄養バランスがとれた食事をいただきます。できれば、1日30分程度の軽い運動をするとストレス発散にもなって一石二鳥です。

そして、泣きたい時は泣く、怒りたい時は怒るといった気持ちの揺れを大切にしてあげてください。大人になるにつれてどうしても感情を抑えなくてはならない場面が増えますが、時には素直な気持ちを思いっきり解放してあげることも必要です。

とはいえ、実際の人間関係の中でそんなことをしてしまうと後が大変なので、映画やドラマを見て感情移入するようにすると良いですよ。

女性の加齢臭は、とことん自分を大切にすることで防ぐ!

女性,臭い,防止

こうして見てくると、加齢臭の出やすい状況は、自分自身が苦しいと感じている状況と同じだということがお分かりいただけると思います。

毎日を一所懸命生きている人ほど、こうした悩みにつきまとわれやすいのですね。ある意味、臭いを発することで体がSOSを出しているのかもしれません。

加齢臭を抑えるためにも、今よりもう少し、自分自身を労わってみませんか? 穏やかな気持ちで過ごせるようになった頃、臭いも薄くなっているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい