手足や体にかゆみが出てきた‥かゆい・かゆみの症状は更年期障害?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥肌?アレルギー?なぜ急にかゆくなってきたんだろう?40代を過ぎた頃から、何となく肌がかさついたり、かゆくなったりし始めたと悩んでいる女性も少なくないのではないでしょうか?

それは、アトピー性皮膚炎でも単なる肌荒れによるものでもありません。

更年期の年齢の女性なら起きてもおかしくない更年期障害の症状なのです。

お肌のかゆみと更年期障害の症状の関係性についてポイントを抑えておきましょう。

スポンサーリンク

手足のかゆみの簡単チェック

更年期,肌,かゆみ,かゆい

どうして更年期になると肌にかゆみが生じるようになるのですか?

□ 女性ホルモンの減少により、皮膚のハリや弾力を保つコラーゲンも減少してくるのと同時に加齢も伴い肌の新陳代謝が衰えてきます。

そのため、肌の角質層が乱れ、乾燥しやすくなってしまうからです。

どうすればかゆみを抑えることができますか?

□ まず、肌を乾燥から守ることです。肌が乾燥してしまうとかゆみを伴ってしまうことがありますので、保湿効果のあるハンドクリームや入浴剤などで肌に潤いを与えるようにしましょう。

かゆみの原因

肌,かゆみ,原因

更年期障害として挙げられる症状の中にかゆみと言うものがあります。

このかゆみの原因として考えられているのは、もちろん女性ホルモンの減少によるものですが、女性ホルモンは、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の合成を促進する作用があるため、当然ながら減少してきます。

コラーゲンやエラスチンが減ると肌の弾力がなくなり、ヒアルロン酸の減少により肌のうるおい成分も少なくなってきます。

また、角質層にある脂成分のセラミドも減ってくるため、皮脂や水分が減少し肌がかさつきやすくなり、ちょっとした刺激でもかゆみを感じるようになってしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい