ホルモンバランスで変化する女性の基礎体温と女性ホルモンの関係性

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は更年期に基礎体温をつける習慣があれば、からだの変化なども早く気付くことができますが、基礎体温はどのような仕組みで変化しているかご存知ですか?

基礎体温はホルモンバランスによって変化しています。

基礎体温と女性ホルモンには密接な関係があるので、理解をしておけば更年期の身体の変化を基礎体温で読み取ることができるようになりますので、更年期を乗り切るためにも知っておきましょう。

スポンサーリンク

女性ホルモンと基礎体温の変化

基礎体温,女性ホルモン,変化

✔ 更年期の間も基礎体温は変化しますか?

⇒ 更年期は女性ホルモンが急激に減少する時期なので、それに伴って基礎体温も変化していきます。

✔ 更年期で閉経すると基礎体温はどうなりますか?

⇒ 閉経は女性ホルモンが減少した状態で、卵巣機能も低下したままになっているため、基礎体温のグラフが低温期だけの状態になります。

基礎体温と女性ホルモンの関係

更年期,女性ホルモン,基礎体温

女性ホルモンの役割は、女性らしい身体を作ること、妊娠、出産、生理周期などがありますが、主に女性の身体をコントロールしているのは、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンです。

この女性ホルモンが正常に働いていれば、基礎体温グラフがきれいに低温期と高温期の2層になり、排卵がいつ行われるのか、生理がいつ始まるのか予測することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい