ホルモンバランスで変化する女性の基礎体温と女性ホルモンの関係性

             

更年期の基礎体温と女性ホルモン

shutterstock_319127414

更年期は女性ホルモンの分泌が急激に減少して限りなく分泌されない状態に近づいていきます。

更年期は加齢によって卵巣機能が衰えることが原因で女性ホルモンの分泌量が減少します。

脳は性腺刺激ホルモンを分泌して、卵巣に女性ホルモンを分泌するように指令を送りますが、卵巣はそれに対応できないために、ホルモンのバランスが崩れてしまい、自律神経を乱してしまい、更年期障害の症状が現れます。

更年期の基礎体温グラフは、女性ホルモンが減少するために高温期が徐々に短くなり、低温期との差が徐々になくなり、閉経に近づくにつれて低温期だけの状態になります。

       
基礎体温,女性ホルモン
最新情報をチェックしよう!