更年期は身体も心も不安定!更年期女性の心の不調と不安と心理

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期の症状は身体に表れるほてりやのぼせ、多汗、頭通、肩こり、腰痛、排尿困難などの症状以外にも、不安感やイライラ、うつ気分、涙もろくなる、怒りっぽいなどの精神的な症状もあります。

更年期にはなぜ精神的な影響もあるのでしょうか。

更年期と心の関係にはどのような繋がりがあるのでしょうか。

不安定な更年期女性の心、気持ち、心理の変化についてみていきましょう。

スポンサーリンク

更年期女性の心の不安

更年期,不安

更年期が心に影響を与えるのはなぜ?

□ ホルモンバランスが急激に変化すると自律神経にも影響を与えます。

自律神経が不安定になると、心にもさまざまな影響が現れます。

更年期の心の症状は緩和できる?

□ 更年期の心に起こるさまざまな症状は、自律神経の乱れによるものなので、自律神経の働きを理解すれば対処方法もわかり、症状を緩和することができるのではないでしょうか。

更年期と心の関係

更年期,心

更年期によく見られる心の症状には、理由もなくイライラしたり、落ち込んでしまうというものです。

人間の喜怒哀楽には、自律神経が密接に関係しています。

更年期は、卵巣機能の低下で女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、自律神経も不安定になってしまいます。

自律神経が乱れてしまうと喜怒哀楽が上手くコントロールできなくなり、多くの心の症状が表れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい