骨密度検査は骨粗鬆症を防ぐのに重要!さまざまな種類がある検査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少しでも骨の異常や骨粗鬆症を防いだり、早期発見をして対処したりするためには骨密度検査が重要になってきます。

その検査にも種類があり、異常を見逃さないようにして、特に更年期以降は安全に生活をするために必要なものとなっているのです。

スポンサーリンク

骨粗鬆症の検査のギモン

一般的な検査はどのようなものがあるのですか?

⇒ 一般的に行われる検査は、主に骨量の検査、レントゲン、尿検査、血液検査になっていまして、最近では超音波検査もあり、色んな種類の方法でさまざまな角度から検査を行ない、見逃さないようにしています。

検査で大丈夫と言われたのですが、通院を止めてもいいですか?

⇒ 一度骨粗鬆症と診断され、通院と治療の結果で大丈夫と判断されたり、自己診断で大丈夫と思ったりしても続けていく事が大事です。

50代を超えていますと、いつ再発するか分かりませんし、治療薬を服用している方が骨折の確率は下がります。

骨密度検査では問診も重要な手掛かりになる

骨粗鬆症で問診が重要になる理由ですが、生活習慣から原因を突き止めるからです。人によって食生活のバランスが悪い、運動不足、年齢など原因の理由がバラバラになります。

診断基準も別にあるのですが、生活習慣を聞いて、アドバイスをして貰う事も多いので大事な事になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい