更年期障害と高血圧!40代・50代の更年期女性の高血圧の原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代から50代の女性が、かかりやすいと言われている高血圧更年期障害にかかっている女性のほとんどは高血圧だと言われています。

高血圧になるとホットフラッシュなどを引き起こす原因にもなりますので、40代・50代の女性は定期的に血圧測定をして正常の時の血圧はどのくらいなのか、しっかり把握しておく必要があります。

スポンサーリンク

高血圧の疑問

高血圧

✔ 更年期障害で引き起こされる高血圧は何が原因なのでしょうか?

⇒ 一般的に更年期障害にかかっている女性が高血圧になってしまった原因として考えられているのは、ホルモンバランスの乱れることにより自律神経失調症を発症し、その自律失調症がきっかけでなると言われています。

✔ どうすれば、高血圧を正常に戻すことが出来るのでしょうか?

⇒ この場合は、ホルモンバランスが崩れたことにより発症していますので、普通の高血圧の治療法ではなく、ホルモン剤などを使って高血圧を正常に戻すといった治療がなされます。

また、薬は個人差により違ってきますが、同時に血圧を下げるための食事内容も改善する必要が出てきます。

更年期に高血圧になる原因をもっと詳しく

40代,50代,女性,高血圧

なぜ、女性は40代、50代と更年期に近づくにつれて高血圧になりやすいのでしょうか?

更年期になると、女性の体にどのような変化が出てくるのでしょうか。

女性は40歳を過ぎた頃から卵巣機能が衰えはじめ、だいたい55歳前後には閉経を迎えます。

この卵巣機能の衰えと同時に卵巣ホルモンは減少していきます。

しかし、脳ホルモンが過剰に分泌してくるためホルモンのバランスが崩れやすくなり、自律神経失調症になりやすいと言われています。

自律神経失調症になると体が、熱くなった瞬間血圧が急激に上昇しておきるホットフラッシュや、血圧の上昇によって、肩こりや動悸等も起こりやすくなると言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい