更年期の舌の痛み・ひりひりは口内炎の症状?口内炎の原因と治し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、女性で舌先や舌縁がひりひりする症状が続くといった症状で悩んでいる女性が多くなってきていると言われています。

でも、ほとんどの場合、口内炎だからすぐに治るだろうと自己判断をしてしまい、それが、更年期障害の症状の1つだと気付かない女性も多いと言われています。

スポンサーリンク

口内炎の疑問

口内炎

✔ 口内炎が出来る原因は何ですか?

⇒ 口内炎の原因は様々ですが、歯磨きなどのし過ぎで歯肉や舌を傷つけた場合やストレスにより免疫システムに異常が生じた、たばこや辛いもの等の刺激物、睡眠不足、そして、アレルギー等があります。

✔ どのような人が口内炎になりやすいのですか?

⇒ 40代、50代の更年期の女性やドライマウスの人などがなりやすいと言われています。

✔ なぜ、更年期の女性に多いのですか?

⇒ 更年期の女性は、女性ホルモンであるエストロゲンが唾液分泌に影響を与えるため、ドライマウスになりやすくなっています。

ドライマウスになると唾液の分泌量が減ってしまうと細菌が増殖しやすくなるため、ちょっとした傷でもひどくなってしまう可能性があるからです。

また、ビタミンB12や鉄分不足になると舌や口内に痛みを伴う症状が出てきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい