男性の更年期障害とは?更年期障害が始まる男性の平均年齢は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害と聞くと女性特有のものと思われがちですが、実は男性でも更年期障害が起こることもあります。年齢は早くて40歳を過ぎたあたりから症状が出始めます。しかし、女性の更年期障害とは違い、男性ホルモンは緩やかに減少していくため、発症年齢は個人差があるのが特徴です。

男性の更年期障害の症状としては「うつ状態」や「イライラ」、「ED」、「疲れがとれにくい」というものがあります。これらの症状は仕事のストレスからきていると思い込み、治療をしないまま症状が酷くなっていく傾向がありますので、一つでも当てはまることがあれば、専門の病院で一度診察をしてもらうことが大切です。

スポンサーリンク

男性の更年期障害は年齢・時期はバラバラ

男性,更年期障害,年齢,時期

更年期障害は女性だけが起こるものと思われがちですが、実は男性の更年期障害というものもあります。女性の更年期障害と男性の更年期障害では大きく異なる点があります。それは発症する年齢の違いです。女性の場合は閉経が起こる前後の「更年期」に症状が出始めます。一方、男性の場合は更年期以外の時期であっても、症状が出ることがあるのです。男性の場合は発症する平均年齢というものがなく、早くて40代から、遅い場合は60代や70代になってから更年期障害の症状が出始める方もおり、個人差が非常に大きくなっています。

男性の更年期障害の症状

男性,更年期障害,症状,イライラ

女性の更年期障害が起こる仕組みとしては、閉経に伴って女性ホルモンが急激に減少することが原因です。男性の場合も更年期障害を引き起こす原因は男性ホルモンだと考えられています。男性の場合はテストステロンという男性ホルモンが年齢が上がると共に緩やかに減少していきます。急激に女性ホルモンが減るのと違い、緩やかに男性ホルモンが減っていくというのも男性の更年期障害の特徴です。ですから、発症年齢にも幅があるのです。

イライラ症状出てませんか?

主な症状としては、身体的に表れるEDや睡眠障害というものがあります。また、イライラしやすくなるのも特徴です。男性ホルモンであるテストステロンは脳のうつ抑制や、性欲、認知力というものに関係しています。そのため、男性ホルモンが減少することで、イライラしやすくなる、集中力に欠ける、うつ症状というものが出ると言われています。40代を超えてからイライラしやすくなった、集中力が続かなくなったという場合は更年期障害が原因となっていることもあるので、放っておかずに病院を受診することが大切です。

中高年齢層男性の更年期障害

更年期,中年,男性

男性の更年期障害は40代~70代と幅広い世代で起こる可能性がありますが、主に中高年齢層の男性に起こるという部分では女性の更年期障害にも似ています。男性の更年期障害の症状で多く訴えられるのが「不眠」です。男性は特に仕事のストレスからお酒を飲む機会が増えたり、寝る前の晩酌が習慣になっている方も多いでしょう。しかし、その不眠が更年期障害から起こっているものだと認知している人は非常に少ないと思います。

アルコール依存になっていませんか?

アルコールが更年期障害を引き起こすという研究結果はありませんが、不眠の症状を解決させるために過剰にとるようになり、「アルコール依存症」という二次被害をうんでしまう可能性が高いと言われています。多少なら健康に良いとも言われていますが、毎晩の晩酌がないと眠りにつけない、眠れないから飲むというのは辞めた方がいいでしょう。

さらに言えば、二日酔いを引き起こしやすい人は男性ホルモンが減少しているという研究結果が出ています。つまり、更年期障害によって不眠が起こっている場合に多量に摂取してしまうと、酷い二日酔いにも悩まされることが多いということです。EDや性欲減退が起こると更年期障害かもしれない…と思う方はいるでしょうが、「不眠」も男性の更年期障害の症状の一つであるということを覚えておきましょう。

男性の更年期障害はどの病院を受診する?

男性,更年期障害,病院

女性の更年期障害は世間的にもよく知られており、婦人科を受診して治療を受けることで症状を緩和させることができます。しかし、男性の更年期障害はまだ広く知られていないために、治療をせずに症状に悩まされ続けている人も多くいるのが現状です。男性の更年期障害は男性ホルモンとも関係していますが、働き盛りの年齢である40代でも発症することから年齢だけではなくストレスも大きく関係していると言われています。ストレスによっても男性ホルモンは低下していくことが分かっていますので、放っておくとますます症状は悪化し悪循環をうんでしまいます。

男性更年期外来がある?

では、男性の更年期障害の場合はどの病院を受診すればいいのか?というと、「男性更年期外来」のある病院に行くのが一番です。不眠やEDという症状だけに注目してみると心療内科や内科ではないのか?と思う人もいるでしょうが、更年期障害では不眠、イライラ、ED、疲労感といった様々な症状が出ますので、専門外来のある病院で診察を受けることをおススメします。病院では、男性ホルモン補充療法といって男性ホルモンを外から注入することによって症状の約70~80%が改善できると言われています。ですから、最近なかなか疲れがとれない、不眠が続くという場合は男性更年期外来のある病院を受診しましょう。うつ症状も男性ホルモンの減少によって引き起こされていることもあります。心療内科で治療を受けているにも関わらず改善されない場合は、「男性の更年期障害」である可能性もあるということを頭に入れておくことが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい