更年期障害の夫との向き合い方-更年期は夫婦で向き合い乗り切ろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期や更年期障害と聞くと女性特有の時期や病気とイメージされる方が非常に多いですが、更年期になるのは女性だけではありません。

男性も女性と同様に更年期障害の症状に悩まされる人もたくさんいるのです。

男性の更年期の発症は女性よりも遅く50代から60代が多いと言われています。

症状の出方にばらつきがあるために男性の更年期症状は気がつきにくいのです。

男性の更年期の向き合い方についてみていきましょう。

スポンサーリンク

夫の更年期障害は妻が支えてあげましょう

夫が更年期の症状に悩んだ時はどのようにしたらいいのでしょうか?

もし夫が更年期の症状に悩んだ時は、専門機関に行くことを進めたり、サプリメントなどでセルフケアを進めましょう。

女性同様に大変さを共感し、話を聞くことが大切です。

また、更年期の向き合い方を夫婦で話し合ってみましょう。

男性の更年期障害は何が原因なのでしょうか?

夫が更年期障害に悩んだ時は原因を知らなければ向き合い方も分かりませんよね。

男性の更年期もホルモンの減少によって起こるものなのです。

男性ホルモンは20歳前後をピークにし、その後徐々に減っていきます。

この現象により、50代くらいから更年期の症状が現れ始めるのです。

男性の更年期の症状とは

女性の更年期の症状と同じように、男性もほてりや汗、だるさ、不眠、うつ状態、やる気のなさ、性欲衰退、ED、糖尿病や高脂血症などのリスクの増加などの症状があげられます。

男性の更年期は病気のリスクの増加なども挙げられているので気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい