更年期障害の検査タイミングや費用は?更年期障害検査は内科?婦人科?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害はだいたい40代後半くらいで発症するという意識はあるものの、実際にはどのタイミングで病院にいけばいいのか?そもそも検査が必要なのか?検査費用は?診断を受けるには婦人科?内科?と多くの不安や疑問があると思います。そこで更年期障害検査を受けるにはどんな病院に行けばいいのかをまとめました。

スポンサーリンク

更年期障害の検査は内科でもできる?

更年期障害,検査,内科

更年期障害は女性ホルモンの崩れから引き起こされる症状ですので、よく婦人科を受診した方がいいと言われています。しかし、女性ホルモンのバランスが崩れることで、コレステロールの値が急激に上がったり、骨粗鬆症を引き起こすこともあります。そのため、内科でも更年期障害の検査を受けることが可能です。その場合は、問診によって症状を伝えるのと同時に血液検査が行われます。コレステロールの値が高く高脂血症と診断を受ければコレステロールを下げる治療が必要です。さらに、骨粗鬆症が進むと骨折しやすくなりますから、閉経前後の方は内科で定期検査を受けて早い段階で治療をすることが大切です。

また、更年期障害の特徴として貧血や頭痛といった症状がありますが、これも内科で治療が可能です。更年期障害は婦人科だけの領域ではなく、高血圧や高脂血症などの病気とも関連があるということを知っておくことが重要です。女性の場合は特に、専業主婦の方や男性よりも早く仕事を退職することが多くあります。すると、今まで会社で受けていた健診が受けられなくなり結果的に、様々な病気の発見が遅れるということに繋がっていきます。それを防ぐためにも、更年期障害の検査や治療のためだけではなく、定期的に内科で検査を受けたり、人間ドッグなどでは夫婦健診として一緒に検査を受けて、自分の体の状態を知っておくことが必要です。

更年期障害の検査をするなら婦人科がベスト

更年期障害,検査,婦人科

更年期障害は閉経に伴って女性ホルモンが減少することで様々な症状を引き起こします。しかし、女性ホルモンの減少の仕方にも個人差があり、緩やかに減少していく人もいれば急激に減少する人もいます。更年期障害の症状が強く出てツライ症状に悩まされる人の場合は、後者の急激に女性ホルモンが減ってしまうタイプです。頭痛やめまいという症状が酷い場合は、内科でも治療は可能ですが閉経前後であり、更年期と呼ばれる年齢に入っているのであれば婦人科で検査をしてもらいましょう。

婦人科での検査も内科と同様に血液検査をしますが、主に女性ホルモンの血中濃度などを調べます。さらに、場合によっては触診といって子宮や卵巣の状態を触って確認することもあります。婦人科で検査を受ける場合も更年期障害のどのような症状が出ているのか?ということを問診でしっかりと説明することが重要です。特に、いつごろから月経不順になり閉経がいつだったかということも重要になってきます。更年期を迎えてそろそろ月経が終わりそうだなという人は、その時期から月経の記録をしっかりとつけておくと、その後更年期障害を発症した時の治療に役立つのでおススメです。

更年期障害の検査はどのタイミングで受けるべき?

更年期障害,検査,タイミング

更年期障害は女性なら誰もが一度は経験する症状ですが、人それぞれ症状の出る強さが異なります。さらに、月経が終わったということで「女性としての機能を失った(もう子どもを産む機能がない)」として喪失感に襲われる女性も少なくありません。そのような気持ちになることも女性ホルモンの減少に伴い「うつ症状」として出ている可能性もあります。更年期障害というと恥ずかしいという気持ちを抱く女性もまだ多くいるようですが、誰もが通る道ですので、なんとなくいつもよりも疲れやすくなった、気分が落ち込んでいる…と感じる日が続くようであれば早いうちに病院を受診することをおススメします。

更年期障害の症状は放っておいても閉経を前後して5年程度で治まると言われています。しかし、ホットフラッシュといって急に汗が噴き出したり、体が熱くなるという症状もあります。それが原因で、外に出るのが怖くなってしまうという話も少なくありませんので、症状が強くなる前に診察を受けて適切な治療を受けるのがベストです。さらに、女性が更年期を迎える時期は、子どもの受験や就職、結婚などの時期と重なりストレスを溜めやすい時でもあります。女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期障害ですが、ストレスがかかることでさらに症状が酷くなることもあります。そうならない為にも早めに受診することが大切です。初めて診察を受けるのであれば、まずは婦人科を受診するのがいいでしょう。

更年期障害の検査でかかる検査費用は?

更年期障害,検査,費用

更年期障害の検査でかかる費用は病院によってまちまちですが、だいだい5000円前後を目安としておくといいでしょう。内科か婦人科を受診するのでも費用は異なります。血液検査はどちらの科でも行われますが、超音波検査や骨密度検査など、どの検査をいくつ検査するかによっても費用は変わってきます。ほとんどの検査は保険が効くのでそれほど高い額にはならないと思いますが、稀に保険の効かない検査もあります。しかし、高くても10000円を超えるということはほとんどないようです。更年期障害の検査費用が気になる場合は、前もって病院に連絡して、どのくらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

更年期障害の検査ではっきりと診断が出た後は?

更年期障害,検査,診断,結果

更年期障害の検査を受けてはっきりと診断が出るということはいいことです。原因が分かることでツライ症状を改善する方法が見つかるからです。婦人科を受診している場合は、一般的にホルモン補充療法を行われます。更年期障害の症状を引き起こしている原因である女性ホルモンのうちエストロゲンというホルモンが減ることで体調に変化でると考えられているからです。そのため、更年期障害と診断がついた後は、エストロゲンを補充することで症状を緩和するという治療法を行うことになります。

治療法としては、飲み薬や注射の他に貼り薬などがあります。どの方法を用いるかは、先生や症状の出かたによって異なりますので病院でしっかりと相談をしてから決めましょう。また、これまでに子宮筋腫や子宮頸管ポリープなどの病気を患ったことの有無によっても治療方針が変わることがあります。いずれにしても、更年期障害は適切な診断を受けることで症状を軽くできますので、自分の状態や病歴をしっかりとドクターに伝えることが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい