更年期障害になりやすい人、なりにくい人!特徴・性格・ストレス比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期女性でも、更年期障害になりやすい人更年期障害になりにくい人がいます。では、なりやすいタイプなりにくいタイプ・特徴・性格では何が違うのでしょうか?

本当に個人の性格で更年期障害の症状が変わるのか、疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。ここでは、更年期障害になりやすい人のなりにくい人の生活習慣や特徴を紹介します。

もし、更年期障害になりやすいタイプの生活をしているなら生活改善していきましょう。

スポンサーリンク

更年期障害になりやすい人、なりにくい人

更年期障害,なりやすいタイプ,なりにくいタイプ

更年期障害になりやすい人はいますか?

□ 更年期障害は生活スタイルや性格、体質などによってなりやすさは異なるため、条件が整えば誰でもなる可能性があります。

更年期障害になりにくくする方法はありますか?

□ 生活環境や生育環境などの因子によって症状が強く出るケースもあるので、それらを改善していくことで更年期障害を予防することはできます。

更年期障害になりやすいタイプ

更年期障害,なりやすいタイプ

更年期障害はストレスやホルモンバランスの乱れによって、自律神経の乱れが起こり、多くの症状が強くあらわれる病気です。

つまり、普段の生活でもストレス、ホルモンバランスの変化、自律神経の弱い人が更年期障害になりやすいと考えられています。

バリバリ働いているキャリアウーマンやOLさんなど、仕事でのストレスが強い人、家事や育児でストレスがたまりがちな人は30代でも更年期症状に注意が必要です。

ストレスの影響は大きい

日本には古くから「病は気から」と言う言葉もあるように、気持ちが弱っている時は身体も病に対して無防備になることがありますし、逆に性格が明るく気持ちが元気ならば活力がわいて病気をはね除けることもあります。

更年期障害の症状が悪化する原因の一つに、「ストレス」があります。人によってストレスを感じやすい人、感じにくい人がおり、イライラしやすい、過度に神経質な人はちょっとしたことでもすぐにストレスを感じてしまいがちです。

しかし、ストレス社会とも呼ばれる昨今、ストレスをためずに生活するのは困難です。

重要なのは、感じたストレスをどのように発散させるかがポイント。そして、更年期障害の症状に負けない心を育てることが大切です。

更年期障害になりやすい人の特徴

更年期障害,なりやすい人,特徴

生理周期によってホルモンバランスは変化しますが、生理前に月経前症候群がある方は急激にホルモンバランスが変化する更年期でも強く症状が表れるといわれていますし、まじめな性格の人もストレスを溜めやすく自律神経を弱くしがちです。

また、生活リズムが乱れている人や睡眠不足、食生活の乱れ、過労などもなりやすい人の特徴です。

ストレスで生理周期が乱れたら、さらに悪循環…

前述のように、「更年期」の代表的な症状としてあげられるのが、「生理周期の乱れ」があります。40代半ばから50代になると、生理不順が続き、嫌でも閉経を意識するようになり、閉経が近付くにつれ、生理の感覚があくと思い込んでいる人はとても多いです。

しかし、生理周期の間隔があくようになるばかりではありません。

逆に、「え、もうくるの?ちょっと前に終わったばかりなのに…」と驚くような生理周期になることもあります。

こんな感じで不安になったり、気にしたりが悪循環となり、さらにストレスをため、更年期障害のスパイラルにはまっていきやすくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい