女性の更年期障害の年齢・平均年齢は?40代?50代?60代?いつまで続く?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害女性の特徴も言える症状で、40代後半~50代の年齢にかけて更年期障害になる方が多くなっています。女性はある程度の年齢になると閉経を迎えますが、女性ホルモンの減少によって様々な症状が出始めるのが更年期です。いつまで続くのかと不安になるかもしれませんが、60代以降になると徐々に症状は治まってくるようです。

スポンサーリンク

女性の更年期障害の平均年齢は?

更年期障害,平均年齢

更年期とは、女性が閉経を迎える40代後半~50代にかけてのことを言います。閉経を迎えるということは、女性ホルモンが減少するということであり、それに伴いホルモンバランスが崩れることで様々な症状が出てきます。この時期に、身体や精神面での不調が出やすいことから「更年期障害」とよばれ自律神経症の一つと考えられています。

年齢によっても症状が違うの?

更年期障害が起こり始める時期には個人差がありますが、平均年齢で言うと40代後半~50代前半になる人が多いようです。しかし、最近では30代から更年期障害に似たような症状が出る場合もあり、こちらのケースでは症状が違ってくることもあります。

40代後半から更年期障害になる女性は約半数

更年期障害,40代後半

そもそも更年期とは、思春期、成長期というような成長段階と同じような区別であり、閉経を迎える40代後半~50代の期間を「更年期」と呼んでいます。40代前半で閉経を迎える人は約5%と言われていますが、40代後半になると閉経を迎える女性は多くなり約半数の人が更年期障害の症状が出てくるようです。40代後半に入ると、月経不順や月経間隔があくようになるという期間を経て閉経を迎えます。更年期障害の症状は完全に閉経を迎えてから始まる訳ではなく、このような閉経を迎える前後に出始める症状です。

更年期の症状は?

症状としては、ホットフラッシュといって体のほてり、汗を大量にかくという身体症状の他、気分が落ち込みやすいという症状もあります。しかし、これは女性ホルモンの減少によるものなので、適切な治療を受けることで症状を軽くすることが可能です。

50代で更年期障害にならない女性はいる?

更年期障害,50代

更年期障害とは、女性ホルモンの急激な減少でホルモンバランスが崩れることが原因で、身体に不調が起こる症状のことをいいます。中には閉経を迎えても、ゆるやかにホルモンが減少していく人もおり、その場合は50代になっても更年期障害といえるようなツライ症状が出ないこともあります。更年期障害は、女性が全員ツライ症状を発症するという訳ではなくホルモンバランスによって起こる症状に個人差があるのです。ですから、50代になって更年期障害が全く出ていないということではなく、気にならない程度のものである可能性が高いということです。

更年期障害が出る人、出ない人の違いは?

更年期障害が酷い人は、これまでも生理痛が酷かったり、ストレスなどで体調を崩しやすい人、冷え性や生活が不規則だった人の場合、強く症状が出やすいと言われています。逆に、適度な軽い運動を心がけ規則正しい生活をしていた女性の場合は、50代を過ぎても強い更年期障害が出ないということもあります。しかし、ホルモンの関係によって起こるものですので、規則正しく生活していたら必ず症状が出ないということでもありません。

60代女性にも更年期障害の可能性は?

更年期障害,年齢,60代

女性の更年期障害が起こる平均年齢は40代後半~50代と言われていますが、これはこの時期に閉経を迎える女性が多いためです。更年期障害は年齢によって起こる症状ではなく、閉経を迎える前後に起こる症状です。そのため、閉経が50代後半だった女性などは60代で更年期障害を発症することもあります。更年期障害は年齢による「更年期」に入ったかどうかも関係しますが、月経がいつ終わったかどうかで症状が出てくる年齢にも個人差があると言えるのです。

60代の更年期障害の原因は?

しかし、最近は60代を超えてもいつまでも続くという人もいるようです。その原因としては、女性ホルモンのバランスによる変化ではなくストレスだと考えられています。閉経が50代後半だった女性は更年期障害としての症状かもしれませんが、一度更年期障害が治まった後の60代に入り、同じような症状が出た場合はストレスが原因である可能性が非常に高いようです。

近年は60代を過ぎても働かざるをえない環境や、老老介護などでストレスが溜まりやすい社会になりつつあることも原因の一つです。更年期障害はもちろんですが、60代を超えてからの更年期障害に似たような症状も婦人科で適切な治療を受けることができます。それによって身体の不調や不安定な気持ちを落ち着かせることができるので、一度病院で診察してもらうといいでしょう。

女性の更年期障害はいつまで続く?

更年期障害,年齢,いつまで続く

女性の更年期障害は、平均的に見ると閉経を迎えてから約5年前後で終わると言われています。更年期を迎えた後は「老年期」と呼ばれる状態に入り、女性ホルモンの減少に身体が慣れてくるため症状が治まるものと考えられています。その中でも症状が強く出るのは2~3年と言われています。

どのくらいの年齢で終わる?

個人差がありますが、中には強い症状が出ないまま更年期が終わる人もいます。逆に10年以上も強い症状で悩まされる女性もいます。更年期障害の症状が起こる原因は、女性ホルモンであると分かっているため、適切な治療を受けることで症状を和らげることが可能です。ツライ症状が出ている場合は我慢せずに、婦人科で診察を受けて治療をするのが安心です。また、ストレスを溜めることも、症状を悪化したり長引かせたりする要因になってしまうため、自分なりのストレス解消法を見つけるのも有効です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい