更年期の生理不順?不正出血?妊娠?閉経近い年齢でも基礎体温が重要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基礎体温ちゃんと測っていますか?妊娠を希望している訳でもないし、更年期に入りもう閉経が近い年齢になったから、基礎体温とは無関係…なんて思っている女性も多いのではないでしょうか?

基礎体温をつけることは、更年期でありがちな不正出血や生理不順を把握するのにも役に立ちます。

スポンサーリンク

更年期の基礎体温は生理不順に関係する?

更年期,生理不順,基礎体温

一般的に、40代後半から50代に更年期に突入します。更年期に入ったかどうか、生理不順になり始めてから気がつく人も結構いるのではないでしょうか。生理不順と大きく関係している基礎体温。もちろん、更年期にも関係があります。

基礎体温がバラバラになってきた?

基礎体温をしっかりとつけている女性って意外と少ないのですが、月経不順になってからでも基礎体温をつけることをおススメします。

基礎体温をつけてみてすでにガタガタのグラフになっているようであれば、更年期に入ったという証拠です。

更年期になると、生理の影響で体調不良が起こっているのか、更年期障害の症状なのか分からず悩んでしまうこともありますが、それも基礎体温をつけていると判別するのに役に立ちますよ。

正常な基礎体温と更年期の基礎体温を見分けるために

更年期に入ってから基礎体温をつけても遅くはありませんが、すでに基礎体温に変化が起こっているかもしれません。

できれば、若いうちから基礎体温をつけるようにしましょう。そうすれば、いつもの基礎体温と違う変化が出てきた時に、「更年期に入ったかも」と自分で判断できるはずです。

不正出血が更年期で頻繁に起こるのって?

更年期,生理不順,不正出血

今までなかった月経不順が起こり始めたら更年期のサインです。そして、更年期で起こりやすいのが不正出血です。更年期の不正出血は正常な変化ですので、焦らずに対処することが大切です。

機能性出血とは?

不正出血のことを、医学用語でいうと「機能性出血」といいます。ちなみに、生理の出血は「生理的出血」。生理的に出血するから短くして普段は“生理”と呼ばれているのです。

一方の機能性出血は「生理的出血とは違う不規則な出血=不正出血」です。生理の前に少量の出血が起きたり、生理が終わってからダラダラと出血が続いたりということがあります。

更年期で不正出血と思ったら妊娠していた場合

更年期,妊娠

着床出血というのがありますが、更年期でも妊娠することがあります。不正出血と思っていたら妊娠していた…なんてことも。更年期の妊娠にいち早く気がつくにはどうしたらいいのでしょうか?

やっぱり基礎体温をつけておくのが一番

妊娠の兆候と言えば、「つわり」ですが、更年期に入ると生理痛や更年期障害による吐き気の症状が出ることがあります。ですから、つわりを更年期による症状と勘違いしてしまうこともあるのです。

そうすると、妊娠に気がついた時はすでにお腹が大きくなっている可能性もありますよね。更年期の妊娠はリスクが高いので、早いうちに産婦人科を受診することが大切です。

妊娠の兆候を知るには、基礎体温の変化で分かります。更年期に入ってから高温期が続いていて、生理もこなければ妊娠の可能性を疑ってみましょう。

閉経が近くなったら生理不順はどのくらいの頻度になる?

閉経

更年期の生理不順といっても、更年期は約10年近く期間があります。ですから、更年期に入った直後の生理不順と更年期後半で閉経が近い場合の生理不順は違う変化が起こってくるのは当然なのです。

最初は頻発月経

一般的に更年期に入ってからは生理周期が短くなる「頻発月経」になることが多いようです。生理周期が短くなるので、月に2回生理がくることもあります。いつ生理が始まってもいいように、常に2~3個のナプキンを常備しておくといいですよ。

閉経が近くなると稀発月経

閉経が近くなってくると頻発月経から、生理周期が長くなる「稀発月経」に変わってきます。

生理の周期がだんだんと空いてくるので、2~3カ月生理がないという状況から次第に間隔も空いていき、最終的に生理が終了する閉経を迎えるというパターンが多いようです。

更年期に入ったらどのくらいの年齢で生理不順になる?

更年期,生理不順,年齢

生理不順になる年齢は様々ですが、早い人では40歳すぎから生理不順になる女性も多くいます。

40歳だとまだ更年期ではなく「プレ更年期」と呼ばれる時期ですが早くに生理不順になることもあるのです。この時期はおそらく生理の間隔があいても数日~数週間程度です。

本格的に更年期に入る40代後半からは、生理不順といっても生理周期早くなるズレが起こることが多くなっています。生理周期が早まるのも生理不順の症状です。

生理不順を治す方法ってある?

生理不順になっているということは、女性ホルモンが乱れてきているということです。なるべく規則正しい生活を心がけ、女性ホルモンを補うサプリメントや漢方薬を使うのがおススメです。

更年期の生理の付き合い方

このように、更年期の生理不順といっても様々なパターンがあります。更年期は10年間と長い期間続くのでどんどん生理周期も変化していき、それにともなって生理不順・不正出血なども変わってくるのです。

更年期の生理をしっかりと把握するためには基礎体温をつけるのが一番ですから、今からでもつけ始めることをおススメします。妊娠の可能性もゼロではありません。

基礎体温をつけていると妊娠の兆候もいち早く察知することができるはずです。更年期は長いので上手に付き合っていく方法を見つけて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい