更年期の生理痛(腰痛・頭痛・吐き気)がひどい!生理痛の激痛はなぜ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期に入り、更年期障害にならないようにと気を付けていたら、なぜか生理痛(腰痛・頭痛・吐き気)がつらくなったという人はいませんか?

更年期の女性で生理痛が酷いということはよくあります。これもやはり女性ホルモンの仕業です。

激痛がはしるほどの生理痛がある人は、病院を受診し、自分でできる改善策を試してみることをおススメします。

スポンサーリンク

更年期なのに生理痛がひどい理由は何?

更年期,生理痛,ひどい

生理と女性ホルモンは深い関わりがあります。そして女性ホルモンと更年期も関係があります。今まで特に酷くなかった生理痛が更年期に入った40代ごろから急に酷くなるという人も多くいます。その理由は一体何なのでしょう?

エストロゲンの低下が原因!

生理痛にはエストロゲンが関係していると考えられています。生理中に分泌されているホルモンがエストロゲンです。

エストロゲンは女性ホルモンですが、実は自律神経にも影響を与えているホルモンの一つです。

エストロゲンが減少することによって、自律神経の働きが弱くなり、血のめぐりも悪くなることが分かっています。

ですから、更年期に入ってから生理痛が酷くなるということが起きてくるのです。

生理痛がいつもより激痛!更年期だから?

更年期,生理痛,激痛

いつにも増して激痛がある場合は、婦人科系の病気も疑う必要があります。激痛と同時に不正出血を起こしている場合は、すぐにでも婦人科を受診して検査してもらうようにしましょう。

生理痛改善には冷え性対策

エストロゲンが減少していっている更年期は生理痛が酷くなりがちです。

自律神経によって血の巡りが悪くなっているので、内臓や子宮などに血液がうまく回らず冷えてしまいます。

子宮が冷えると機能までも低下してしまうので生理痛を引き起こしやすくなってしまうのです。

冷え性には漢方薬がおススメ

更年期障害の改善にも使われている漢方。冷え性改善と同時に、更年期の生理痛改善にもなるのでおススメです。

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
  • 香蘇散(こうそさん)
  • 抑肝散(よくかんさん)
  • 抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
  • 四逆散(しぎゃくさん)
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

このような漢方薬が冷え性改善に効果があるようです。

漢方は、自分の体質に合ったものを使うとより効果を発揮すると言われているので、婦人科の先生、または漢方専門薬局で相談するといいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい