なぜ更年期障害が起こる?更年期障害の原因とメカニズムとは?

             

更年期障害はなぜ起こるのでしょうか?

更年期障害のメカニズムとはどのようなものなのでしょうか?

閉経前後の更年期に起こる不調が強くなると更年期障害といわれます。

精神的にも身体的にもいろんな不調が起こるので日常生活に支障をきたす場合もあるため、更年期に対して不安に思う方も多いのです。

なぜ更年期障害が起こる?

更年期障害,なぜ

更年期障害の原因は何?

□ 更年期障害の原因は、閉経前後に分泌量が急激に減少する女性ホルモンです。

女性ホルモンの減少でどうして更年期障害の症状が起こるの?

□ 女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、エストロゲンの分泌を促す性腺刺激ホルモンが分泌されますが、加齢によって卵巣機能が低下しているとエストロゲンの分泌量は増えないため、ホルモンバランスが乱れて、自律神経に影響を及ぼし、さまざまな症状が起こります。

更年期障害の原因は女性ホルモンの減少

女性ホルモン

女性ホルモンは、排卵や生理を管理したり、妊娠や出産を助けたりする働きがあります。

この働きは、年齢に合わせて機能しており、女性の心身の健康を維持しています。

更年期は、30歳頃にピークを迎えた卵巣機能を完全に止まる閉経までの身体が変化する時期で、一般的には45歳頃から始まり急激に女性ホルモンの分泌量が減少して自律神経が乱れ、更年期障害を引き起こします。

       
更年期障害,なぜ,メカニズム
最新情報をチェックしよう!