更年期障害と更年期 症状!40代・50代女性の更年期症状チェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期 症状」、「更年期障害 症状」、「更年期障害の症状が辛い」など、更年期に関するワードは日本中を飛び交っています。

メディアや雑誌、広告などで、『更年期』『更年期障害』が多く取り扱われるのは、それだけ『更年期 症状』『更年期障害 症状』で悩んでいる女性が多いことを示しています。

例えば、

  • 雑誌の「更年期障害の広告」
  • 新聞や折り込みチラシの「更年期に関する広告」
  • テレビでの「更年期障害のCM」
  • 40代~50代の「更年期の本」
  • まわりの主婦やOLさんの「更年期の不調話」など・・・

とにかく、更年期障害の症状で悩んでいる女性はたくさんいます。

では、40代、50代で更年期の症状?と悩んでいる真っただ中かもしれませんが、どこまで更年期障害の症状について理解されていますか?

そもそも、悩んでいる症状は、本当に更年期障害の症状なんでしょうか?

更年期障害と思い込んでいるだけで、実は怖い重病の前兆という可能性は本当にないのでしょうか?

スポンサーリンク

女性の更年期っていつ?更年期って何が起こる?

更年期 症状

更年期とは、閉経をはさんだ前後約10年の期間をいいます。

日本人の平均閉経年齢は50.5歳と言われており、45歳~55歳が「更年期」と言われています。

一般的には40代半ばから更年期が始まると言われておりますが、早い人では30代後半から40代前半で更年期に突入し、更年期症状が出始める人もいるようです。

女性の卵巣機能は30代後半から落ち始め、40歳を超えると急激に低下します。

そして、卵巣から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)が激減し、女性のからだに様々な変化と症状をもたらします。

これがひとつの原因となり、「更年期 症状」、「更年期障害 症状」として表面化してくるのです。

閉経とは?

閉経

月経(生理)がなくなることを「閉経」といいます。

医学的には、最後の月経から1年間過ぎても月経がない状態を閉経としています。

女性の卵巣機能は30代後半から落ち始め、40代で激減します。

そして60代には女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が、ほとんど分泌されなくなります。

閉経を迎えて、女性が感じること

閉経のプラスの感じ方

  • 毎月の生理がなくなって、解放感を感じる
  • 妊娠の心配がなくなった
  • 新たな気持ちで人生前向きに進んでいけそう

閉経のマイナスの感じ方

  • 女性として終了してしまったという切ない気持ち・喪失感
  • 人生や病気に対して不安で仕方がない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい