40代・50代女性の更年期障害の症状チェック!

             

更年期 症状」、「更年期障害 症状」、「更年期障害の症状が辛い」など、更年期に関するワードは日本中を飛び交っています。

メディアや雑誌、広告などで、『更年期』『更年期障害』が多く取り扱われるのは、それだけ『更年期 症状』『更年期障害 症状』で悩んでいる女性が多いことを示しています。

例えば、

  • 雑誌の「更年期障害の広告」
  • 新聞や折り込みチラシの「更年期に関する広告」
  • テレビでの「更年期障害のCM」
  • 40代~50代の「更年期の本」
  • まわりの主婦やOLさんの「更年期の不調話」など・・・

とにかく、更年期障害の症状で悩んでいる女性はたくさんいます。

では、40代、50代で更年期の症状?と悩んでいる真っただ中かもしれませんが、どこまで更年期障害の症状について理解されていますか?

そもそも、悩んでいる症状は、本当に更年期障害の症状なんでしょうか?

更年期障害と思い込んでいるだけで、実は怖い重病の前兆という可能性は本当にないのでしょうか?

女性の更年期っていつ?更年期って何が起こる?

更年期 症状

更年期とは、閉経をはさんだ前後約10年の期間をいいます。

日本人の平均閉経年齢は50.5歳と言われており、45歳~55歳が「更年期」と言われています。

一般的には40代半ばから更年期が始まると言われておりますが、早い人では30代後半から40代前半で更年期に突入し、更年期症状が出始める人もいるようです。

女性の卵巣機能は30代後半から落ち始め、40歳を超えると急激に低下します。

そして、卵巣から分泌されるエストロゲン(女性ホルモン)が激減し、女性のからだに様々な変化と症状をもたらします。

これがひとつの原因となり、「更年期 症状」、「更年期障害 症状」として表面化してくるのです。

閉経とは?

閉経

月経(生理)がなくなることを「閉経」といいます。

医学的には、最後の月経から1年間過ぎても月経がない状態を閉経としています。

女性の卵巣機能は30代後半から落ち始め、40代で激減します。

そして60代には女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が、ほとんど分泌されなくなります。

閉経を迎えて、女性が感じること

閉経のプラスの感じ方

  • 毎月の生理がなくなって、解放感を感じる
  • 妊娠の心配がなくなった
  • 新たな気持ちで人生前向きに進んでいけそう

閉経のマイナスの感じ方

  • 女性として終了してしまったという切ない気持ち・喪失感
  • 人生や体の異変に対して不安で仕方がない

更年期障害とは?

更年期障害

更年期障害とは、更年期女性の「体や心にあらわれる不調」をいいます。

更年期障害の原因は主に女性ホルモンのエストロゲンの低下です。

女性ホルモンの役割は、妊娠や出産、女性らしい体への影響だけでなく、健康を維持する大事な役割を果たしているのです。

更年期には個人差があり、卵巣機能が弱い女性や卵巣機能の低下が早い女性は、30代から更年期障害の症状に悩み始める人もいます。

更年期障害の症状と対策

更年期障害 症状

更年期障害の症状は非常に多くのパターンがあります。

更年期障害の症状と種類を把握し、それぞれの症状にあった対処法や治療法を知っておくことが大切です。

更年期障害の症状は更年期に女性を悩ます症状です。

更年期障害の症状がひどい人は、生活や仕事にも支障が出ます。

更年期は女性の誰もが経験する時期です。

更年期障害の症状の重さには個人差がありますが、まずは、更年期障害の症状を知り、更年期障害の治療・予防・対策方法を知ることが重要です。

それでは、もう少し具体的に更年期障害の症状をチェックしていきましょう。

更年期症状 – ホットフラッシュ(ほてり)

季節や外気温に関係なく、夏でも冬でもからだが熱くなったり赤くなったりします。

症状が重いと汗もかき、とても辛い症状です。

ホットフラッシュは個人差があり、1日1回程度の人もいれば、1日に何度も症状が出てくる人もいます。

更年期障害の症状としては最も出やすく感じやすい症状であり、症状が重い女性は、婦人科や病院で相談することをおすすめします。

更年期症状 – のぼせる

「のぼせ」も更年期障害の症状の一つです。

ホットフラッシュと同様、季節や外気温に関係なく、ボーっとのぼせた感じになります。

但し、1日中ではなく、短時間で引くケースが多いようです。

ホルモン補充療法などで改善が期待される症状です。

更年期症状 – 汗をかく(多汗・発汗)

ホットフラッシュと同様、季節や外気温に関係なく、汗をかきます。

汗をかくだけの人もいれば、ホットフラッシュと併発して、ほてりと発汗のダブルパンチの症状に悩む女性も多いです。

原因は自律神経の乱れであり、自律神経を整えるための食生活や生活習慣の見直しが大事です。

症状が重い人は更年期障害のお薬などに頼ることも一つの方法です。

更年期症状 – 冷え性

女性に多い手足の冷え、腰の冷えですが、「更年期障害の冷え」の原因は「血液の流れが悪いこと」、「自律神経のバランスが崩れていること」などが考えられます。

夏でも湯船につかり、体の芯から温めるようにしましょう。半身浴や足湯もおすすめです。

更年期症状 – イライラする、怒りっぽい

更年期になると些細なことでイライラするようになり、周りの人はビックリしてしまうこともある症状で、更年期障害の定番の症状です。

これまで何とも思わなかった家族や友達の言動にイなぜかライラしたり、ヒステリックになったりと、子供の反抗期に似ている感じもします。

ストレスをためないように、気持ちを落ち着かせるために適度な気分転換が大事です。

自分のためにも、周りに不愉快な思いをさせないためにも注意したい更年期の症状です。

更年期症状 – 頭痛(頭が痛くなる)

更年期が要因の頭痛か、他の原因での頭痛か、見極めるのはなかなか難しいです。

頭痛に加えて血圧が高い人は脳の体の異変の可能性もあるので、軽率に考えず、検査をしてみることをおすすめします。

更年期症状 – めまいがする、フラフラする

めまいと聞くと少しフラっとするイメージをされる方が多いですが、「更年期障害のめまい」で症状がひどい人は「地面が揺れている」と思うケースもあります。

めまいの原因もたくさんあるので、頻繁にめまいが起こる場合は、耳鼻科で診てもらうことも大事です。

更年期症状 – 吐き気・嘔吐

「ノロウイルス・食中毒・風邪の吐き気」は菌やウイルスが出ていけば治まってきますが、「更年期障害の症状での吐き気」は継続的に症状が出ます。

吐き気や嘔吐の症状も個人差があり、全く出ずに更年期を終える人もいます。

更年期の吐き気は女性ホルモンのバランスが崩れることが一つの原因です。

更にはストレスが悪化をさせることもあります。

ホルモン補充療法も症状を軽減させる一つの方法ですが、まずは体調管理や生活の見直しからスタートすることをおすすめします。

更年期症状 – 肩こり・腰痛

肩こりや腰痛は更年期になって初めて出てくる症状というわけではなく、更年期前から肩こりや腰痛の症状を持っていた人が、女性ホルモンのエストロゲンが減ることで骨の老化へと繋がり、それが原因で痛みが出てくるケースが多いようです。

また、筋肉が緊張したり、血液の循環が悪くなることで肩こりや腰痛の症状が出やすくなります。温めたり腰痛体操をしたりなど、日頃のケアが緩和へと繋がります。

更年期症状 – 関節痛・手足の痛み

手首や足首、膝など様々な関節痛が起こりやすいタイプの女性は、極端に細い体型の人や過去に過度なダイエットをして生理が止まった経験のある人、また、筋肉量が少なく、体重が重い人がなりやすいと言われています。

また、関節痛を引き起こす原因として、女性ホルモンのエストロゲンの低下が挙げられます。

更年期に入るとコラーゲンも減少します。このコラーゲンには、関節を支える役目と軟骨の成分であるため、骨と骨とのつなぎ目、つまり、関節の表面を覆っている軟骨が徐々にすり減り、痛みや腫れなどの症状を起こしてしまうのです。

更年期女性は関節痛の予防対策だけでなく、お肌のケアのためにも、コラーゲンを多く含んだ食事を摂取することが重要です。

更年期症状 – 動悸・息切れ

更年期になると動悸・息切れをする女性が増えるイメージがあります。

急にドキドキしたり、呼吸が苦しくなったりすることもあります。

これは、更年期の女性ホルモン低下に伴う自律神経の乱れが原因です。

しかし、本当に更年期の変化だけが原因でしょうか?

自律神経を整えることが重要ではありますが、あまり症状がひどい場合は、別の体の異変の可能性も十分考えられます。

大丈夫と思わず、検査をすることも大切です。

更年期症状 – 不眠症・眠れない

更年期女性は年齢と共に「睡眠とお肌」を極度に気にし始めます。

お肌のターンオーバーである時間帯としてよく言われる午後10時から午前2時までには寝ないといけないとか、何時間寝ないとお肌にとってはよくないと言う細かい概念をまず捨てましょう。

逆にストレスとなり眠れない原因となっている可能性もあります。

但し、質の良い睡眠は必要ですので、無理に寝ようとせず、アロマやストレッチ、ヒーリングミュージックなど、体と心をリラックスさせることにチャレンジし、自然と眠れる環境を整えましょう。

更年期症状 – 疲れやすい・疲れが取れない

更年期は年齢と共に体力は低下し、疲れやすい体、疲れが取れない体へと変化していきます。

また、ホルモンバランスも崩れていきます。気持ちの問題もゼロではありませんが、更年期は女性ホルモンが大きく影響します。

ホルモンバランスを整える生活を心がけ、疲れたときはゆっくり過ごすことも大切です。

更年期症状 – うつ病・憂うつ・不安

更年期障害の症状で深刻なのが「うつ病」です。

専業主婦、子育てママ、働く女性…みんなそれぞれ悩みやストレスを抱えています。

人生の悩みや不安、育児・介護ストレス、家族との関係、職場の人間関係、夫の退職…更年期は情緒不安定になりやすい時期です。

一番はストレスをためずに発散すること。そして楽しく過ごせる日常を見つけることが重要です。

       
最新情報をチェックしよう!