更年期障害の保険適用・保険加入‥更年期の女性と男性の保険は違う?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、なんだか気持ちがすっきりせず何もやる気が起きない・・・訳もなくイライラする。
もしかして更年期障害?!

更年期障害は45歳~55歳の間に発症すると言われています。女性だけでなく、男性にも更年期はあります。

そんな時にはどこにかかったらいいの?保険適用にはなるの?保険加入はできるの?

そんなさまざまなお悩みにお答えします。

スポンサーリンク

更年期かも?と思ったら、何科にかかればいいの?

更年期障害,何科

女性の場合には、婦人科を受診すると良いでしょう。

女性の更年期の場合、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで発症することが多いため、婦人科にてホルモン補充などの治療を行えます。

また、さまざまな女性特有の身体の不調も相談できますので、まずは婦人科にかかることをお勧めします。

男性の場合には、特に「何科」と決まっているわけではなく、専門の「男性更年期外来」などがある病院がありますので、お近くのそうした病院またはクリニックを受診すると良いでしょう。

というのも、男性の場合にはホルモンの減少に加え、性能力の低下などの症状も出てくるため、複数の科にまたがった治療が必要だからです。もし、お近くにそうした病院やクリニックがない場合には、まずは内科で相談してみましょう。

更年期障害は、場合によって保険適用に該当します!

更年期障害,保険,女性,男性

更年期障害の女性の場合の保険適用範囲

女性が更年期障害になった場合には、以下の場合に保険が適用されます。

  • 更年期障害の症状の緩和や軽減のためのホルモン補充治療(HRT)
  • 骨粗しょう症や萎縮性膣炎などの治療を行なうためのホルモン補充治療(HRT)

治療方法は飲み薬や貼り薬を用いて、ホルモンそのものを身体に補充するという方法です。
具体的な金額としてはおおよそ1ヶ月の治療で5,000円程度でしょう。

更年期障害の男性の場合の保険適用範囲

男性が更年期障害(LOH)になった場合には、以下の場合に保険が適用されます。

  • 男性ホルモン(テストステロン)の補充治療

治療方法は注射でのホルモン補充をするという方法です。
具体的な金額としては、1回の治療でおおよそ5,000円~3,000円程度でしょう。

保険適用にならない更年期障害の治療

更年期障害,治療,保険適用外

  • 性機能低下を治療する薬(男性の場合)
  • ホルモン異常かどうかを調べる検査費用
  • 男性女性ともに、更年期障害に有効とされるプラセンタ注射
  • うつ病を伴った症状がある場合のカウンセリング費用

※上記の項目は、心療内科や精神科によっては異なる場合があります。

主に、上記については自費診療となり保険適用となりません。(病院に要確認)
これらは病院によって治療内容や治療ポリシーが異なる為、自身の納得のいく病院を探すのが良いでしょう。

更年期障害になったら・・・保険に加入できるの?また、保険金はおりるの?

更年期障害,保険加入,保険金

更年期が訪れる時期、また更年期に終わりがくる時期は人によってさまざまです。中には重症化し、日々の生活がいままで通りに送れなくなる人も。その割合は、更年期障害になる方の中の4割を占めると言われています。

そうなった時に、やはり気になるのは保険。
いま保険に入っている人も、これから検討する人も気になるところです。

現在は、さまざまな疾病をお持ちの方でも入れる保険も充実しており、もちろん、更年期障害も例外ではありません。

更年期障害は疾病ではなく「症状」として判断されるため、その症状の出方などによっても保障の内容が異なってくる為、保険会社、あるいはいくつかの保険から自身にあった保険を選んでくれる窓口に相談してみるのもよいでしょう。

ただ、更年期障害の症状のひとつである「うつ病」が併発した場合には、入れる保険はほとんどないに等しいと言われています。

ですから、もし今後の為の保険を見直すのであれば、更年期に入る前のタイミングが一番ベストとも言えます。

まとめ

更年期による身体の症状はひとそれぞれ違い、さまざまな不調が現れます。
そのため、そのすべてが更年期によるものと決めつけてしまいがちです。

ですが、実はは別の病気だった、ということもありますから、身体や心の不調を感じたら、まず更年期によるものかどうかを確認し、都度かかりつけの病院にいくことをお勧めします。

年齢と共に、病気リスクも高くなりますから、そういった意味でも保険に入っておくことはひとつの安心材料になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい