高齢出産とは?30代40代女性は必見!高齢出産のメリットとリスク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢出産は30代後半からの出産の事を言いまして、多くの方がリスクが高いと思われているかもしれません。

一般的に35歳がボーダーラインと言われていますが、しかし、34歳が35歳になった瞬間に危険になるという事ではありませんし、医療も進化しています。

また現代では晩婚化や女性の社会進出が当たり前になっており、30代40代で独身の女性は急増しています。

理想は20代かもしれませんが、30代だからといって諦めたり、必要以上に焦る必要はありません。

最近では、卵子凍結なども話題にあがることが増えてきていますよね。

スポンサーリンク

現在の高齢出産は安心度が高い

現在は晩婚化の影響もあってか医療の進歩のスピードは早く、自治体でもさまざまなサポート体制が整っています。

高齢での出産によるリスクは変わりありませんが、以前よりも安心して臨めるのです。

生活の見直しや婦人科の検診で不妊の予防も出来ますので、医療に任せきりではなく、自分達の努力も必要です。

30代後半や40代の方が出産する場合のメリット

出産は若ければ若い程良いのですが、30代後半や40代で出産する時のメリットもあります。

どのようなメリットかと言いますと、まず経済的な余裕を持てます。

体力的な問題がありますが、今までの稼ぎや蓄えもあると思いますので出産後の費用の問題をそれほど悩まずに済むのです。

また年齢を重ねている分だけ精神的にも楽ですので、パニックになる事は少ないはずです。

出産をして若返る事もある?

出産のメリットは意外なものがありまして、それは若返る事です。具体的に言いますと妊娠によって女性ホルモンの分泌量が増加しますので、肌の調子等が良くなるのです。

40代の方だと少しビックリしてしまうかもしれませんし、出産を終えてからも若く見られる事は多いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい