高齢妊娠は何歳から?高齢妊娠のリスクと高齢妊娠の可能性と確率とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は年齢を重ねる度に妊娠への意識が高くなる傾向にあります。

特に高齢妊娠は何歳から?という疑問がありますが、『高齢出産は35歳以上の初産婦』と定義されており、高齢妊娠も35歳以上と言えるでしょう。

以前はマル高と呼ばれ、30歳以上をマル高としていたこともあります。

母子手帳にはハンコが押され、何だか差別されているようで気分を害する人も少なくはなかったのではないでしょうか。

今ではそのハンコは押しませんが、35歳以上が高齢妊娠という考え方は変わりません。

スポンサーリンク

生理があれば妊娠は何歳からでもOK?

女性は何歳からでも子供(赤ちゃん)を生みたい気持ちがあって、排卵がちゃんとあるなら問題は無いのでは?と安易に考えている人もいますが、高齢になると妊娠や出産のリスクが高まるのが事実です。

高齢妊娠の確率と卵子の質の低下

真っ先に言われているのが、卵子の質の低下です。

人工授精にて卵子を採取しても、卵子の質が悪いばかりに受精卵の細胞分裂がうまくいかないことも多いです。

卵子の数も減りますし、35歳以上は有無を言わさず妊娠確率は減少します。卵子の質の低下は染色体異常も招き、仮に受精卵の分裂が上手くいったとしても何らかの障害を持って生まれてくる確率が高くなります。

卵子は精子のように新しく作られるものではなく、生まれたときからずっと持ち続けるものなので老化していく一方なのです。

高齢妊娠の表現について

高齢妊娠が何歳からと定めるのは差別に繋がるという言葉もありますが、女性の体の仕組みを考えると仕方の無いことかもしれません。

たしかに35歳で高齢という表現はピンとこないですし、35歳と40代の妊娠の確率も当然変わってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい