高齢出産‥年齢が40代前半~後半~50代‥初産と二~三人目の出産はどう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代がベストとも言われる「出産」。高齢出産は、以前は40歳を超えると非常にリスクの高いものとされてきました。

ですが、最近では医療技術の発達により40歳を過ぎてからの出産も、リスクが低くなってきました。

では、40代前半、40代後半、50代‥いくつまでなら出産は可能なのか?また、初産、二人目、三人目の出産の難しさは?

高齢出産の実際にあった事例なども含めて見ていきましょう。

スポンサーリンク

5人に1人は高齢出産?まずは知っておきたい、「高齢出産」のこと

高齢出産,リスク

女性の体は、30代後半から次第に変化を見せ始めます。

出産に重要な卵子の力が弱まってくるのは、33頃からと言われています。

以前は30歳以上の出産を「高齢出産」と言ってきましたが、現在では35歳以上の出産を「高齢出産」と呼んでいます。

とはいえ、高齢出産にはリスクが伴うというのも現実です。

流産、ダウン症の発生率、帝王切開の増加などのリスクがあるということも頭に入れておきましょう。とはいえ、高齢出産でも多くの人が元気な赤ちゃんを産んでいます。

高齢出産を決意したのであれば、きちんとした知識を身につけ、対応可能な出産施設を選ぶことからはじめましょう。

高齢出産:年齢が40代前半の場合

40代前半,高齢出産

医療技術が発達し、また、健康に気を使う人が増えたことで40代の女性でも体年齢が若く、高齢出産が可能になってきたと言われています。

40代でも妊娠・出産することはできますし、実際に妊娠・出産する人は増加傾向です。

しかし、40代の場合は高齢出産に該当するため、様々なリスクを伴います。

そのひとつが「流産率」です。

20代の10%という数字に比べ、40代女性の流産率は40%と4倍の数値にもなります。

高齢出産:年齢が40代後半の場合

40代後半,高齢出産

40代も後半になると、女性の体の中では閉経の準備がはじまります。もちろん、40代前半に比べてさらに出産のリスクが高まってきます。

また、この年代になるとなかなか自然妊娠ができずに不妊治療を行う人が多くなっているのも現実です。

不妊症とは、妊娠を希望する男女が避妊することなく営みを送っていて2年以上妊娠しない状態を指します。

特に年齢を重ねた女性には、人工授精などの治療法ではなく、妊娠率の高い「体外受精」を選択されることが多いといいます。

ただ、妊娠率が高いと言っても、その割合は5%と、非常に低い数値になっています。

不妊治療にはたいへんお金がかかるもの。場合によっては、国からの助成金を受け取ることもできますので、これから不妊治療を行う方は頭に入れておきましょう。

高齢出産:年齢が50代の場合

50代,女性,高齢出産

35歳以上の出産を「高齢出産」というのに対し、50代以上の出産は「超高齢出産」とよびます。50代女性は、既に閉経している人も多く、妊娠するには非常に難しい年齢といえます。

厚生労働省の調べによると、50代で出産をする人は50万人に8人というデータが出ています。

50代で出産に成功する率は、まさに宝くじに当たるような確率なのです。

自然妊娠で出産した人の平均最高年齢が44.1歳、というデータを見ても50代の出産は非常に難関であると言うことができるでしょう。

それでも子供が欲しい!そんな場合にはどうしたらよいか?

それでも、愛するパートナーとの間に子供が欲しい。

その場合には「卵子提供」という手段があります。加齢により、古くなり機能しなくなった卵子を、第三者から譲り受け、夫の精子と体外受精させ、子宮に戻して出産するという方法です。

ただし、この方法は残念ながら日本では認められていません。

その為、卵子提供を受けるには海外の卵子提供者を探し、海外にて手術を行う必要があります。

もちろん、この場合にも母体の体力なども含めリスクが高くなることには変わりはないのですが、どうしても子供を授かりたい・・・という方々が、海外へと渡航しています。

費用は先進国、アメリカでは500万程度と高額な費用がかかりますが、最近では費用がアメリカの約1/4で済む、タイでの卵子提供が増えているといいます。

日本での出産の最高年齢は60歳の方といいますから、50代の出産はゼロではありません。

どうしても、と望むのであれば、それなりのリスクの覚悟ときちんとした知識、超高齢出産を受け入れてくれる施設を探した上で臨むことをお勧めします。

二人目、三人目よりも初産の方がより高齢出産は難しい

高齢出産

出産には、非常に多くの体力を必要とします。高齢になることで、筋力が落ちた体には、厳しいものとなるでしょう。

また、初産では硬く閉じた膣が出産の歳になかなか開いてくれず、帝王切開となるケースも少なくありません。

出産だけでなく、育児の面についても初産の高齢出産は苦労が伴います。

二人目、三人目などであれば、上のおこさんが赤ちゃんの面倒を見てくれる場合もあり、体力のない高齢の場合でも助けられることも多いのですが、初産の場合はひとりで面倒をみなくてはなりません。

もちろん、ご家族の支援を仰ぐこともできるでしょうが、お父さんお母さんもかなりの年齢の為、育児の多くを任せるのは難しいでしょう。

ただ、高齢出産のリスクは、出産と年齢が母体に及ぼす影響に関する知識を得ることで避けられるものも多く、高齢出産を知ることで、“不安”や“リスク”は減少していきます。

また、パートナーの支援も受けることで気持ち的にも体力的にも楽になります。

もし、さまざまなリスクを覚悟の上で出産を決意されたのであれば、氾濫するネガティブな情報に振り回されることなく、1生に1度の最大のイベントである「出産」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい