無呼吸症候群?更年期女性は注意?睡眠中の無呼吸原因と予防・治療法

             

「いびき」は睡眠を妨げる「無呼吸症候群」の一歩手前。その症状と予防法

shutterstock_293602157

いびきがひどくなると、「睡眠時無呼吸症候群」いわゆる「無呼吸」を発症しやすくなります。

無呼吸は、眠気や集中力の低下だけではなく、高血圧や高血糖などを引き起こす場合があるため、注意が必要です。

症状としては、日中の集中力の低下や運転中の居眠りなど、通常ではありえない場面での居眠りがひとつの目安となるでしょう。

また、医学的には一晩(睡眠7時間)に10秒以上の無呼吸が30回以上、または睡眠1時間の間に5回以上の無呼吸が起こる場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

とは言え、眠っている間にどれだけ自分が無呼吸になっているのかなど測りようもなく、日中の眠気が払拭できない、熟睡できた感じがしない、夜中に苦しくて目が覚める・・・などの自覚症状があるのであれば、一度病院を訪れてみましょう。

入院の場合もありますが、専用の機械をつかって自宅で無呼吸症候群か否かを判断する方法もありますので、まずは相談してみることです。

もしパートナーがいる方であれば、夜中に大きないびきをかいていたのに急に止まり、10秒以上止まった状態が何度も続くなどの症状が見受けられると言うならば、無呼吸の可能性が高いと言えるでしょう。

自宅でできるケアとしては、

・枕の高さを調節する、自分に合った枕にしてみる
・横向きにして気道を確保してみる

などがあります。

また、太りすぎも気道を狭める原因のひとつとなりますので、気になる方は無理のない程度のダイエットをしてみるのも良いでしょう。

       
更年期,無呼吸
最新情報をチェックしよう!