ぐっすり眠れなくて辛い!眠れない原因と不眠症を克服する方法や注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30~50代の女性に増えている不眠症。ベッドに入ってもなかなか寝付けず、うとうとする程度で朝になってしまうので疲れがとれません。

その状態で仕事や家事、子育てをするのは本当に骨が折れますよね。

睡眠薬に頼れば眠れるようにはなりますが、根本的な原因が解決していないので薬がなくなればまた同じことの繰り返しです。

不眠症を克服するには、まず原因を明らかにすることが大切。

主な原因を挙げてみたので、自分に当てはまるところがないかどうかをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

原因その1:ストレス

shutterstock_309135002

少しぐらいのストレスは気持ちにハリを持たせることに役立ちますが、あまり強いストレスは危険。

人間の体は、本来であれば交感神経と副交感神経が交互に働くことによってバランスを保っていますが、ストレスに晒され続けることで交感神経優位な状態になり、神経が興奮して眠れなくなってしまうのです。

複雑な現代社会に生きている以上、全くストレスを感じずに暮らすというのは無理ですが、こまめに発散することで溜めない努力はできます。

1日の終わりにゆっくりとお風呂に浸かる、信用できる人に悩みを相談する、思いっきり趣味に打ち込むなどの工夫をし、できるだけ気持ちをスッキリさせてからベッドに入るようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい