辛い高熱や発熱、微熱が続く症状!熱の原因は何?更年期も影響?

 
<目次>
・更年期障害の発熱の原因
・更年期障害で高熱や微熱が続く原因
・微熱が続くと更年期障害と気づく?
・高熱や微熱が続かないように心がけること
※目次にリンク(スライド)はあえて設置しておりません→最初から最後まで読んでいただいて、はじめて完結するため(部分的閲覧による誤解釈防止の意味も含む)

熱といっても、短期間での発熱や微熱が続くケース、高熱が続くケース、また様々な症状が伴うケースなど、原因も様々です。

そして、更年期にも「熱」に悩まされる女性もいます。

更年期に入ると高熱が出たり、微熱が続いたりするとどうしても生活に支障をきたすようになってきます。

その高熱微熱は何が原因で起こっているのでしょうか?

更年期障害は関係あるのでしょうか?まずはその原因を突き止めることが重要になってきます。

更年期障害の発熱の原因

更年期,熱,原因

女性は40代、50代の更年期になると女性ホルモンが減少します。

それに伴って自律神経にも影響を与えることから、体全体に色々な不調をもたらせます。

この不調の数々が『更年期障害』と呼ばれ、個人差はありますが、様々な症状がでてきます。

そのような状態の中で高熱や微熱が出るというのは、血管の収縮や拡張がうまく行われなくなった事で、体温コントロールが出来なくなり、皮膚の温度が異常に上がることが原因だとも言われています。

風邪などが原因でない発熱であれば、更年期障害の症状が疑われます。

更年期障害で高熱や微熱が続く原因

更年期,熱が続く,原因

40代、50代の更年期の発熱の原因の中にはストレスによる心因性のものもあります。

しかし風邪などからくるものとは違い、高熱や微熱が何日も続く(熱が長期間下がらない)場合は、「不明熱」と呼ばれ、感染症や悪性リンパ腫、悪性の腫瘍、リウマチ熱などの膠原病と言われる体の異変も考えられ更年期障害ではない可能性も出てきます。

体の異変は体の異変のサインであることが多く、異常を感じたら『更年期障害の症状ではないかも?』と疑い、放置せずに病院や婦人科で相談し、症状によっては検査を受けることも大切です。

       
更年期,熱,微熱,高熱,続く
最新情報をチェックしよう!