妊娠31週目頃の息苦しさとお腹の痛み・お腹の張りの原因と対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠31週と言えば、妊娠後期にさしかかるころです。

このころになるとお腹の赤ちゃんの表情もはっきりしてきて、性別が判明している人も多いのではないでしょうか?

あくびをするなど、非常に人間らしい顔を見せてくれます。

最近では3D映像でより鮮明に胎児の顔を見ることができますね。

スポンサーリンク

妊娠31週目頃に息苦しい感覚を覚えたら

妊娠31週目(8ヶ月目)といえば、赤ちゃんがどんどん大きくなっていくにつれ母体に負担が大きくなっていくのも事実です。

中には息苦しい感覚を覚える人もいますが、一体何が原因なのでしょうか?

赤ちゃんはたくさんの栄養が必要

妊娠31週では赤ちゃんも大きくなっていますので、たくさんの栄養と血液、酸素が必要になります。

ですから母体は何も運動していなくても、体の中でめまぐるしく動いているのですね。そのために息苦しい感覚を覚えてしまいます。

心配なら病院へ相談

息苦しさで不安になるかもしれませんが、そのほとんどが心配ないものです。

きつくなったときにはまず休息を取るようにしましょう。休むことで回復するなら問題ありません。

妊娠31週になると寝る時には大きなお腹のせいで苦しくなるので、仰向けに寝るのではなく左半身を下にするようにして横向きになるのが良いでしょう。

息苦しい感覚だけでは無くお腹の張りが何度もある、どうしてもこの症状に不安があるというなら、かかりつけの病院にて相談するのも良いでしょう。

何でもないことが分かるだけでも気が楽になりますし、仮に何か原因が見つかったとしても素早い対処が取れます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい