妊娠中期-妊娠5~7ヶ月(妊娠16~27週目)の赤ちゃんと体の変化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠の周期は大きく3つに分けられており、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期があります。

ここでは、妊娠中期の赤ちゃんとママのからだの変化を説明します。

妊娠中期は、妊娠5ヶ月目6ヶ月目7ヶ月目をいい、妊娠16週目~27週目となります。

  • 妊娠5ヶ月目…妊娠 16週目、17週目、18週目、19週目
  • 妊娠6ヶ月目…妊娠 20週目、21週目、22週目、23週目
  • 妊娠7ヶ月目…妊娠 24週目、25週目、26週目、27週目
スポンサーリンク

妊娠5ヶ月の体の変化

そろそろ周囲からも体の変化が見てとられ、「もしかしておめでた?」なんてことを言われることも多いのではないでしょうか?

妊娠5ヶ月からは中期に入り、安定期となります。

妊娠初期の不安定な時期を抜けたので、体を動かしたり、薬などの影響が少なくなったりします。

赤ちゃんが活発になる

妊娠5ヶ月になると赤ちゃんの体長は約25センチ、体重は約280gになります。

これまでいつも寝てばかりいるようなイメージだった赤ちゃんが、動き始めるようになります。

最初に胎動を感じた時には、母親である実感がして嬉しくなるでしょう。

また、妊娠の嬉しさの感情の前にお腹の中で何かが動く違和感にビックリしてしまう人もいます。

母体(ママのからだ)の変化

流産の危険性は大分減りますので、体調が良ければストレス解消を兼ねて、体を動かすようにしましょう。

無理にスポーツをする必要は無く、散歩やショッピングを積極的にするだけでも大丈夫です。

子宮も大人の頭ぐらいの大きさになり、マタニティウェアやゆったりしたデザインの服がしっくりくるようになります。

戌の日のお祝い

戌の日のお祝いは、5ヶ月目に入った最初の日に腹帯を巻いて安産を願うものです。

犬のお産が軽いということにならって、縁起担ぎのために行います。

神社を訪れて、安産祈願をする人もいます。最近では戌の日のお祝いをしない人が増えています。

腹帯を巻くのが面倒という意見もありますが、腹巻タイプの簡単なものもあるので、縁起担ぎとして体験するのも良いのではないでしょうか?