妊娠中に起こる不調やトラブル!頻尿や妊娠中毒症や出血時の対処法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中はさまざまなトラブルに巻き込まれる事が多々あります。

普段通り生活出来る事が出来なくなったり、むくみや頻尿になったり、妊娠中毒症に掛かる事もあります。

それらをどのようにして対処していけば良いのでしょうか。

スポンサーリンク

妊娠して生活の中で意外と困った事とは

女性は、妊娠中はお腹の赤ちゃんを気遣ったり、いつもと身体の感覚が違うので苦労する事が多くなります。

例えば、お腹が大きいのでうつぶせで寝れない、バスや電車で座席が狭く感じる、立ったり座ったりする単純な行動にも時間が掛かる等が挙げられます。

これらは単純に身体が大きくなっただけではなく、左右のバランスが取り辛いのも原因です。

また身体だけではなく、むくみによって靴のサイズも変わる事は多いですよ。

妊娠時に困る頻尿と尿漏れ

妊娠している時にトラブルとして多いのが頻尿や尿漏れかもしれません。

子宮が膀胱を圧迫するために起きる現象ですが、生理現象でもありますので我慢もよくありません。

妊娠4ヶ月頃まで続き、水分を控えすぎるのも尿路感染症になる可能性があり、困ると思います。

出掛ける時はトイレの位置の確認や余裕を持って我慢しないように先にトイレに行く事をおすすめします。

骨盤に歪みがあると尿漏れがしやすいので、姿勢矯正も大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい