35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の多くは30歳までに結婚、そして結婚後数年以内に妊娠、出産を望む傾向にあります。

考え方は人それぞれですが、35歳以上の初産婦は『高齢出産』になるので、それまでには子どもを産みたいと考えている女性も少なくありません。

また、40代~50代女性は更年期も迎え、不安が多いです。

やはり妊娠、出産は年齢が若い20代~30代前半が理想(特に初産)ですが、女性の社会進出や晩婚化により、高齢出産も当たり前の時代になってきています。

スポンサーリンク

高齢出産と年齢について考える

shutterstock_148302764

ここでは、女性の35歳以上の妊娠、出産の確率(からだの変化と妊娠について)のイメージをお伝えします。

30代後半を35際、36歳、37歳、38歳、39歳

40代前半を40歳、41歳、42歳、43歳、44歳

40代後半を45歳、46歳、47歳、48歳、49歳

そして50代を50歳(日本人女性の閉経年齢は50歳前後)としています。

では、30代半ばから40代、50代と、年代別に妊娠確率のイメージをチェックしていきましょう。

※当然ですが、妊娠、出産は個人差もあり、あらゆる要素が影響してくるため、一概に言えるものではありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい