妊娠中の仕事はどうすればいい?働く30代が考えないといけない事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を頑張りたいと思っている30代の方は特にそうですが、妊娠してでも働いている方は多いです。

妊娠中はどのような事を工夫したり、生活したりしなければならないのでしょうか。

スポンサーリンク

会社への妊娠報告はすぐ行ない、理解を得る事が大事

出産後も仕事復帰を考えている場合は計画性が大事になってきます。

まず大事なのは、しっかりと報告する事で、そうしないと引き継ぎ等の問題だけではなく、つわり等の症状や力仕事を配慮して貰えなくなるので、上司に相談の上、周囲の理解を得て下さい。

妊娠中の症状として頻尿やダルさがありますから、絶対に報告しておかなければなりませんよ。

妊娠中で最も気を付けたい通勤

妊娠している時に辛いのが通勤等の移動時で、出来るだけ人混みを避けるために通勤ラッシュの時間は避けて下さい。

席を譲って貰うのが良いですが、無理な場合は手すりや吊り革に捕まっていて下さい。

大きな荷物の持ち歩きも避け、途中でのトラブルやトイレの心配がないように特急や急行ではなく普通電車に乗りましょう。

30代で体力に自信があっても無理は禁物です。

服装や持ち物にも注意しておこう

何の仕事で働いているかにもよりますが、緩めの服装が基本的なスタイルとします。

もちろん下着の方も締め付けないものにして、妊婦用があれば、それに慣れるためにも使用して、上着は職場で冷房や暖房を付けている事が多いと思いますので体温調節できるようにしておきましょう。

バックは肩掛けで手が空く物、靴はヒールではなく動きやすい物を選択して、母子手帳・健康保険証を常備して、タオルや飲み物やビニール等を万が一の時のために持っておきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい