妊娠をすると体質が変わる?多くの妊娠を望む女性が気になる初期症状

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠を望んでいる女性の多くは、これから起こる初期症状がどんなものであるか、気になっている方は多いでしょう。

よく妊娠したら体質が変わったとも言いますので、そこら辺を事前に把握しておくと良いでしょう。

特に30代の方で初めてになると、突然体質が変わってビックリするかもしれないので、良い事かもしれません。

スポンサーリンク

ダルくなったり眠くなったりする事が多くなる

妊娠の初期症状として、多くの方が感じられるのは倦怠感や眠さではないでしょうか。

仕事中でも眠たくなるのが珍しくなく、基礎体温も上がっており、熱っぽく感じられるはずです。

疲れを感じてしまうのは、黄体ホルモンが原因で高温期が続くからです。

風邪の症状のように鼻水が出たり、喉が渇いたりしますので、勘違いする事は多いです。

身体が敏感になるので日常生活で注意が必要

30代でよく外出される方や仕事をしている方だと、今まで良い匂いと思っていた香水や平気だったタバコの煙に嫌悪感を感じる事が多くなる場合があります。

匂いに敏感になるだけではなく、子宮に血流が行く事で胸やお腹が張って、身体の感じ方も変化し敏感になる事もあるのです。

下腹部痛になる事も

初期症状だと辛くないだろうなと思うかもしれませんが、腰に突然の痛みが走ったり、下腹部や太腿に鈍痛が続いたりします。

おりものに出血が見られたり、尿意が強く感じられたりする事が続く場合もあります。

定番のつわりの症状である吐き気や胸やけもそうですが、生理の一週間前あたりから何かおかしいと異変を感じる事が多く、突然だから対処できなくて困ってしまいますが、逆に体調管理を意識させてくれると考えれば良いと思いますよ。

食べ物の好みや食欲も変化

妊娠によって体質が変わると言われますが、一番感じられるのは食べ物の好みの変化かもしれません。

その中でも多く聞かれるのが甘い物が好きなのに、酸っぱい物が欲しくなる事です。

食欲も促進しますが、便秘や下痢も子宮が圧迫される事によって起こりますので、そこら辺も考えながら生活しましょう。

初期症状は人それぞれ

妊娠の初期症状は、人によって敏感になったり、鈍感になったり、好きになったり、嫌いになったりと決まったものがありません。

身体の体質が変化しますが、病気と勘違いして、調べたら子供を授かっていたというパターンもあります。

ホルモンバランスの乱れや栄養の流れ方か変わるので、このような変化が生まれ、生理前に異変を感じられるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい