妊娠糖尿病?女性は妊娠で糖尿病に?妊娠糖尿病の原因・症状・治療

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性のみなさんは、妊娠糖尿病という病気を知っていますか?

妊娠糖尿病原因症状治療法を知っていますか?

実は妊娠糖尿病は関係があり、妊娠すると糖尿病になるリスクがあるのです。

女性は、妊娠すると様々な変化が起こります。これは女性のホルモンバランスが妊娠前妊娠後で大きく異なるので仕方のないことです。

妊娠すると妊娠中に分泌されるホルモンが原因で新たな病気を発症してしまう妊婦さんもいます。

妊娠糖尿病も妊娠後に発症する病気のひとつです。

妊娠糖尿病は、妊婦自身だけでなく胎児にも悪影響を与えるため、早期に発見し、対処する必要があります。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病の原因

妊娠性糖尿病とは、妊娠前は糖尿病でもなく、過去に血糖値の検査で異常と診断されたことのない女性が、妊娠を機に発症するというものです。

妊娠前、ホルモンは脳の視床下部や膵臓などの決まった箇所から分泌されます。

ところが、妊娠して胎盤が形成されると、胎盤内で血糖値を上げやすいホルモンが作られます。

そのため、妊娠中は、血糖値が上がりやすい環境となります。

しかし、通常は血糖値を上げてしまうホルモンが作られている時期には、インスリンという血糖値の上昇を抑えるホルモンがすい臓から分泌され、血糖値のコントロールを行います。

ところが、何等かの原因によってインスリンの効き目が弱くなると、妊娠をきっかけに糖尿病を発症してしまいます。

妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病の初期症状は、通常の糖尿病と同様に気がづきにくいです。

しかし、血圧の上昇・貧血・むくみといった妊娠特有の症状が悪化するといったことで、病気に気がつくことがあります。

また、症状は、母体だけでなく胎児に出る場合があり、検診で巨大児であることが判明して、病気が分かるということもあります。

妊娠糖尿病のリスク

肥満、遺伝的要素、流産・早産の経験がある、35歳以上といった要件に当てはまる人は、妊娠糖尿病を警戒する必要があります。

罹患リスクの高い女性は、妊娠前に血糖値の検査を受けることをおススメします。

また、万が一、病気になってしまった場合は、医師と相談のうえ、運動・食事などに気をつけ血糖値のコントロールをして対処していくことが大切です。

妊娠糖尿病の治療と予防

軽症の場合は、食事療法や運動療法をきちんと行うことで、出産後は正常の血糖値に戻ることが多いです。

一方、注意しなと母子ともに本格的な糖尿病になる可能性が高くなります。

したがって、妊娠中は、食事や運動などで血糖値をコントロールする治療が非常に重要となってきます。

また、出産後も定期的に血糖値を測るなどして、予防に努めることも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい