妊娠検査薬の時期はいつから?早期フライング?陰性から陽性?薄い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠検査薬は病院に行かなくても妊娠しているか否かをチェックできます。

妊娠検査薬の種類によって精度に差はありますが、生理基礎体温着床出血などを合わせてチェックすると確実性は増すでしょう。

妊娠検査薬をいつから使うかは、説明書を必ずチェックしましょう。

妊娠検査薬で陽性反応が出ても、妊娠検査薬の使用時期が早期でフライングをしていた場合、実は妊娠していなかったケースもよくあります。

また、妊娠検査薬で陰性から陽性(一度は陰性反応だったものが、違うメーカーのに陰唇検査薬では陽性だった)というケースもあります。

また、妊娠検査薬の反応が薄い線で陽性反応はどうかがわからず困ってしまうケースもあります。

より高精度を求めるならば、婦人科で受診することをおすすめしますが、妊娠検査薬も使用方法を間違わなければ、十分判定基準になると思います。

スポンサーリンク

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬,仕組み

今は薬局で妊娠検査薬を買うと、割と早い時期に妊娠が判明します。

一体どういう仕組みで妊娠が判明するのか、調べてみました。

妊娠検査薬はhCGというホルモンを調べる

妊娠は排卵後に受精し、着床することで確定します。

その受精卵が着床するときから妊娠ホルモンであるhGCが分泌されるようになり、週数を重ねるごとにその量は増えます。

そのhGCの量を測って妊娠を判定するのが、妊娠検査薬なのです。

妊娠検査薬はいつから陽性になる?

妊娠検査薬の説明書を見ると、生理予定日から1週間後に使用するようにと書いています。

しかし、妊娠しているかどうかが気になっている女性にとって、「妊娠しているかも?」と思い始めたら、少しでも早く使いたくなるものです。

陽性反応は、いつから分かるものなのでしょうか?

妊娠判定はいつから?

妊娠検査薬は尿中のhGC量を測定して妊娠を判定するのですが、このhGCが分泌され始めるのが、着床時です。

生理予定日の14日前には排卵され、その後受精すれば約10日前後かけて着床し、継続すれば妊娠が確定します。

妊娠のサインとして着床出血という初期症状があり、このことによって可能性を感じる人もいます。

着床出血は受精卵が子宮の内膜に着床するときにある出血で、生理と比べるとほんの少しです。

生理の3・4日前から予定日ぐらいに起こることが多いので、少し早い生理が始まったと勘違いする人も多いですが、その後一向に出血が見られず、生理予定日を過ぎてから妊娠に気付きます。

着床出血?生理?

着床出血らしきものがあったなら、早い時期でもうっすらと反応することがあります。

あまり早めに検査すると確実な結果が出ない恐れがありますが、着床があると妊娠ホルモンが分泌され始めるので、着床出血から数日後に検査薬に反応がでます。

最近では精度を高めた検査薬があり、生理予定日から使えるものもあります。

気になるならそのような検査薬を利用するのもいいですが、仮に陰性だったからといって妊娠していないと思いこむのは早いです。

もし生理が来なかったら、1週間後にさらに検査をしてみると良いでしょう。

妊娠している場合

妊娠していれば、生理予定の数日前にはhGCが分泌されていてもおかしくありません。

基礎体温をちゃんとつけていて排卵日もはっきりしている人は、高温期の上昇ペースで妊娠の確信を持つようになります。

そんなときにさらに確信が欲しくて生理予定日前だけど試しに使ってみたら、陽性反応が出たなんてことがあるのですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい