妊娠初期症状おりもの・体温チェック!妊娠初期のおりもの・体調変化

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

妊娠初期は体調で症状チェック

妊娠初期,体調

妊娠初期は見た目には何も変わらなくても、ホルモンが多量に分泌されるせいで様々な体調の変化があります。

いったいどのような変化が妊娠初期に起こるのか、症状チェックしてみましょう。

肌の変化

つやつやして、もしくは乾燥がひどくてかゆくなったなどいつもと違う変化。

乳房の張りなども多い。

下腹部や腰痛、下半身などの痛みや違和感

張りを感じたり、足の付け根が痛くなったりすることもある。関節が緩んでしまうのが原因。

気分の変化

吐き気、胸やけ。実際に吐いてしまうことも多い。

熱っぽい

体温を測っているとずっと高温期で、下がらない。中には37.5℃など、微熱がある人も。

嗅覚や味覚の変化

果物が食べたくなった、白米がだめなど、いつもと違う食べ物が好きになる。

もしくは匂いに敏感になり、ご飯の準備やトイレ掃除、子供の世話が苦痛になる。

冷蔵庫の匂いなど、特殊な臭いを拒絶する場合も多い。

精神的な変化

ちょっとしたことでもイライラして情緒不安定。

判断力が鈍ったり憂鬱になったりすることもある。

眠気

昼間起きていられない、二度寝をするなど。だるさも感じる。 

ざっと書いてもこれだけの症状チェックがあります。

でも、人によってはまた違う妊娠初期症状を訴える人もいますよ。例えば悪夢にうなされるようになり、不眠になってしまうなど。

妊娠初期の体調変化は人それぞれですので、いつもと違う症状があれば、妊娠かも?と可能性を考えてみましょう。