妊娠初期の流産の兆候・症状・原因と妊娠初期の運動や風邪のリスク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の多くは妊娠初期の流産や妊娠初期の運動制限、風邪・熱・吐き気などの症状も気になります。

初めて妊娠する女性にとっては、妊娠初期の流産の兆候や流産の症状、流産の原因などが特に気になるでしょう。

妊娠初期の流産は珍しいことではなく、まずは『妊娠初期』の変化や可能性をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期の流産の原因、兆候、症状

妊娠初期に流産することは、決して珍しいことではありません。

妊婦さんのおよそ15%は流産すると言われています。

せっかく妊娠したのにすぐさよならしてしまうと、本当に辛いものですよね。

妊娠初期の流産は不可抗力

妊娠初期の流産は、ほとんどが染色体異常によるものだと言われています。

つまり、最初から妊娠が継続できないことが決まっている運命なので、避けられません。

不可抗力のようなもので、決してお母さんのせいではないのです。

流産してしまうと自分を責めてしまいがちですが、この染色体異常も誰にでもありうるごく普通の現象です。

このときは縁が無かったと諦め、いち早く体と心の回復に専念しましょう。

妊娠初期の流産の種類

症状によって様々な種類に分けられます。

  • 切迫流産
  • 繋留流産
  • 進行流産

この3つが代表的でしょう。

このうち、切迫流産だけは望みが残っていて、治療して妊娠を継続・出産まで至った人もいます。

切迫流産とは

切迫流産とは、流産しかかっている状態のことです。エコーでみるとお腹の赤ちゃんの心臓は動いていますが、腹痛やお腹のハリ、出血があり、窮地に立たされた状況にあります。

妊娠初期に切迫流産と診断されたら、まずは安静するようにと強くいわれます。安静にもベッドから出ていけないレベルなのか、運動や外出を避ければ良いレベルなのか段階があります。

絶対安静と言われたら床からできるだけ出ないようにしなくてはいけないので、場合によっては入院も必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい