妊娠初期と生理前のおりものの違いとは?妊娠初期症状と生理前の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠初期症状と生理前症状の違いは?妊娠初期のおりものと生理前のおりものの違いは?妊娠初期と生理前の体温(基礎体温)の違いは?下腹部の変化や痛みはあるの?

初めての妊娠、初めての妊娠初期を経験する女性は特に、妊娠初期の症状や妊娠初期のからだの変化が気になり、そして不安に思われているでしょう。

その不安を少しでも和らげるために『妊娠初期症状と生理前症状の違い』、『妊娠初期と生理前のおりものの違い』、『妊娠初期と生理前の体温の変化と違い』、『妊娠初期の下腹部痛や腰痛』などをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

妊娠初期と生理前のおりものの違い

妊娠初期,生理前,おりもの

妊娠初期と生理前にはおりものが良く見られますが、両者の違いによって、少し突っ込んで考えてみましょう。

生理前にもおりものが増えますが、量が増えるぐらいなら何も異常ではありません。

おりものには精子の手助けをして受精をしやすくする働きがありますので、生理前に量が増えるのは正常です。

妊娠初期と非常に良く似ていますが、微妙な違いは以下の通りです。

生理前のおりもの

排卵期には透明で水分は多く、粘りがあって良く伸びます。

ですが、それから白っぽく変化してきて、量も粘りも減ります。

量や色、粘りなどが一定せず、変化するのが特徴です。

妊娠初期のおりもの

排卵期と非常に似ており、透明で良く伸びるのが特徴です。

量が増えて、おりものシートを当てないと持たない人もいます。

また、着床出血と思われる血がほんの少しついて、ピンク色になることもあります。

普段から自分のおりものを観察しておく

妊娠初期との違いを知るためには、やはりいつもの自分のおりものを観察しなくてはなりません。

細菌に感染していれば、色が濃くなったり、臭くなったりします。

かゆみを伴えば、恐らく菌に感染していると思われます。

妊娠していない場合、生理前から生理が始まるころまで、おりものの色や粘りはへんかします。

ところが妊娠中なら、そのままの状態で量が増えることもあります。

人によっては普段の状態も違いますから、いつもの生理前と違ったことがあるなと思えば、妊娠を疑ってみるのも大事です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい