更年期にすぐ喉が渇く・口が乾く原因は?喉が渇くのは糖尿病・病気?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

喉が渇く原因は様々ですが、更年期になってやたら喉が渇く異常に喉が渇く口が乾く、水を飲んでもすぐに喉が渇くなど、更年期特有の病気と不安になる女性もいるでしょう。

しかし、喉が渇くからと言って、冷たいお水や水分をがぶ飲みしていませんか?

水分のがぶ飲みには注意が必要です。

スポンサーリンク

多量の水分摂取は意味がない?

人間の体は腸で水分吸収を行っています。

しかし、一度に吸収できる水分量には限界があり、たくさんお水を飲んでも、尿として排出されるだけで、あまり意味がありません。

多量の水分摂取をしても、なかなか喉が潤わず、冷たい水を飲みすぎて逆に気分が悪くなったり、お腹が膨れて食欲がなくなった経験などはありませんか?

これは冷たいものを一気に胃腸に流し込み、消火機能が低下してしまったことでおこる症状です。

水分は少しづつ体に吸収させることが効果的です。冷たいアイスなども同様です。

更年期に喉が渇く原因

更年期女性の喉が渇く原因の一つとして、多量の汗をかくことが考えられます。

更年期障害の症状に『ホットフラッシュ』、『ほてり』などがあり、驚くほど汗をかく人もいます。

夏場に汗をかくのは仕方がない気もしますが、重度の更年期障害の場合、冬場でも多量の汗をかく女性もいます。

つまり、多量の汗をかくことで体が水分不足となり、喉が渇く原因につながっていると考えられます。

しかし、運動した後などでも汗をかきますが、一定量の水分をとれば喉や体は潤います。

更年期障害が原因で汗をかいたとしても、同様に水分をとれば潤うはずですが、いくら水分をとっても喉が渇く状態が続く場合、病気の疑いもでてきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい