尿もれ・頻尿・尿失禁は更年期に増加する 気になる予防や対策は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期になりますと、急にトイレが近くなった、驚いた拍子に尿もれや尿失禁してしまうという事が多いと思います。

これらの尿トラブルは60代や70代だけでなく、40代や50代でも十分なりうる症状なのです。

これらは女性の日常生活にも大きな影響を与え、症状がキツくなりますと、生活するのも大変になるでしょう。

できるだけ早めに尿漏れや尿失禁などの尿トラブルの予防や対策を行なっていきましょう。

スポンサーリンク

更年期の尿トラブル-頻尿・尿漏れ・尿失禁

Q:尿もれ・頻尿・尿失禁の主な原因は何ですか?

A:更年期障害による女性ホルモンの減少によって起こる自律神経の乱れからの膀胱の収縮、年齢による骨盤底筋や筋力の衰え、粘膜が萎縮してちょっとの事で尿意を感じてしまう等があります。

Q:尿もれ・頻尿・尿失禁から病気になる事はありますか?

A:症状が悪化したら日常生活が大変になりますが、特別な病気になる因果関係はありません。

粘膜が委縮した場合は尿路感染症に感染する可能性がありますので、清潔にしていれば良いでしょう。

身体を鍛える事が重要

更年期障害による頻尿の予防と対策として一番にあげられるのは鍛える事になります。

特に骨盤底筋が衰えている事が多いので、ここを鍛える運動を毎日行ないましょう。

その方法はとても簡単で膣と肛門を10秒間締め、10秒間力を抜くのを繰り返すだけです。

この体操はどんな姿勢でも出来ますし、周囲にバレないので気軽に出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい