更年期女性の乳がん発症は女性ホルモンが関係!乳がんの原因と予防

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性特有の病気や癌はいろいろとありますが、その中で40代から50代の更年期の女性が気を付けたい病気のひとつに乳がんがあります。

乳がんの発症は、女性ホルモンと密接に関係しています。乳がんが発症するの原因にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

更年期になると乳がんのリスクが高くなってきますので、ここでは更年期の女性が気を付けたい病気のひとつである乳がんについてご紹介します。

スポンサーリンク

女性の病気「乳がん」は更年期に注意

乳がんが発症する原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

更年期の女性が気を付けたい病気である乳がんは、女性ホルモンの影響、肥満、ライフスタイルの乱れにより発症すると言われています。

乳がんは月経期間が長くなることで、女性ホルモンの影響を受ける期間も長くなり発症する場合があると言われています。

乳がんを予防するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

乳がんは肥満によっても発症すると言われています。

乳がんと肥満の因果関係は明確には解明されていませんが、脂肪量などが原因ではないかと言われています。

その為、脂肪を身体にためないような生活習慣を送れるように気を付けたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい