中年太り?更年期のお腹周りの脂肪…更年期女性の中年太り体型の原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期を迎えた40代、50代の女性の悩みはお腹のぽっこりですよね?更年期になると女性はお腹まわりを気にし始めます。なぜ更年期女性は声を揃えて「太った!」「ダイエットしなきゃ!」「メタボかも?」と焦り始めるのでしょうか?

ちなみに、女性目線だけでなく、男性目線でも40代~50代以降の女性は太っている割合が若い世代よりも多い気がしているのではないでしょうか。

当然男性側も中年太りの人が多くなるのも事実ですが。 では、女性のお腹に脂肪がつきやすくなる原因は何なのでしょうか?

更年期女性は、ポッコリお腹の原因をしっかり理解して、出来るだけお腹周りに脂肪を付けないように心がける必要があります。

スポンサーリンク

更年期女性の気になるお腹・脂肪・中年太りの体型

更年期,脂肪,中性脂肪

どうして更年期になるとお腹周りに脂肪がつくの?

□女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、基礎代謝が低下することで、中性脂肪が付きやすくなってしまうからです。

更年期体型を若い頃の体型に元に戻す方法は?

□ 更年期女性が気をつけたいのは、まずは食事制限とまでは行きませんが、野菜を多くし脂肪分を出来るだけ減らして行くように心がけましょう。

そして、食べ過ぎない、運動をこまめにすれば、元の体型に戻すことが出来ます。更年期は毎日の継続が非常に大事です。

更年期によく見られる体型・中年太りの原因

更年期,中年太り,原因

中年太りとも言われますが、40代、50代はお腹まわりに脂肪が付いてポッコリと出てくる体型の人が多く見られます。この中年太りは更年期によく見られる体型ですが、若いころと同じ食事の量を摂り続けていると元に戻りにくくなってしまいます。

この中年太りの原因は、食べ過ぎが1番の原因で、その次に基礎代謝が加齢とともに減少し、運動量の低下で、体脂肪が付きやすい体質になってしまっています。

つまり、同じ20代、30代と同じライフスタイルや食生活をしていると、20代~30代では太らなかったのに、40代~50代では太ってしまう可能性が高くなるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい